English Language Sideboard
Archives Table of Contents Event Coverage Question Mark Facts Book Fantasy Pro Tour Links

ラウンド 2: 東野将幸 vs. Gary Wise

森慶太

Gary Wise といえば業界きっての論客であり、日本人にも紹介文なしで名前を使えるクラスの超有名人だ。特に論客としては業界でも屈指の存在であり、個人的にも彼が著すという Pro Tour History なる作品には期待している。

ところで、これは 2000 年世界選手権以来という久々の対戦カードだそうだ。
そのときは Wise が勝利したということだが、この機会に東野は果たして Revenge なるのだろうかか?

「無理無理。Gary さんの青白ホンマ強いもん」
-東野将幸

Game 1

Gary Wise、初手《平地/Plains》1枚しかマナの無いハンドをキープ。《カーターの願望/Kirtar's Desire》が控えているだけに心情はわからないでもない。が、青マナを 5 ターン目まで引いてこられなかったのだった。東野は《魔性の教示者/Diabolic Tutor》でタッチカラーである平地を入手しつつ《獣の襲撃/Beast Attack》。
...順調な立ち上がりだ。

しかし、Wise のデッキは卓内最強といわれるだけあって、《カーターの願望/Kirtar's Desire》によってトークンを無力化しつつ、《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》を展開してから《尊い癒し手/Hallowed Healer》、《エイヴンの風読み/Aven Windreader》、《エイヴンの群れ/Aven Flock》...と一気にここで総崩れにはならなかった。

東野も《クローサの報復者/Krosan Avenger》、フラッシュバックの《獣の襲撃/Beast Attack》、《葉の踊り手/Leaf Dancer》...と陣容を整えつつアタックを継続。《呪われた大怪物/Cursed Monstrosity》までを陣容に加えたのだった。

癌となっていた《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》も《苦悩/Afflict》で除去した東野だったが、やはり《呪われた大怪物/Cursed Monstrosity》も《尊い癒し手/Hallowed Healer》によって結局は破壊されてしまう。Wise はさらに《追い返し/Repel》を《公証人/Scrivener》し、戦線を維持。

東野は巧みに《Afflict》を使うことで戦闘を有利に進め、ライフ差を 5(Wise) vs. 11(東野) というところまで持っていく。そして、サモン《ゴリラのタイタン/Gorilla Titan》!

Wise も《天使の壁/Angelic Wall》を《霊力/Psionic Gift》で「ティム化」させたものの、状況がそれで一転したわけでも無く、結局は東野の大攻勢の前に膝を屈することとなったのだった。

東野 1-0

Game 2

《クローサの報復者/Krosan Avenger》を《カーターの願望/Kirtar's Desire》されるも、さらに《巣立つインプ/Fledgling Imp》を召喚できた東野。Wise はここから《秘教の盲信者/Mystic Zealot》を連打して鉄壁の守りを構築してみせた。

東野は《熊人間/Werebear》、《ゾンビの暗殺者/Zombie Assassin》と続けるも、《熊人間/Werebear》の方は《霊力/Psionic Gift》によって即座に打ち落とされてしまったのだった。

東野は《ゾンビの暗殺者/Zombie Assassin》をブロックした《秘教の盲信者/Mystic Zealot》と召喚酔い状態の《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》とを《苦悩/Afflict》連打で除去し、《巣立つインプ/Fledgling Imp》でアタック。

《亡者の悲鳴/Screams of the Damned》を出し、《魔性の教示者/Diabolic Tutor》から《ゴリラのタイタン/Gorilla Titan》と繋いだ東野。「墓地を消費する《黒死病/Pestilence》」とこの《ゴリラのタイタン/Gorilla Titan》が織りなすシナジーはあまりにも有名だろう。《ゾンビの暗殺者/Zombie Assassin》が残る《秘教の盲信者/Mystic Zealot》をも除去したため、この《ゴリラのタイタン/Gorilla Titan》が無人の広野を蹂躙するかに見えた。

さらに《ナントゥーコの信奉者/Nantuko Disciple》を召喚しつつ、墓地を空にしてから《ゴリラのタイタン/Gorilla Titan》でアタックする東野。これは Revenge なるか?

しかし、Wise はこの一撃を《霊気の噴出/AEther Burst》と《追い返し/Repel》という 2 枚のバウンススペルでさばきつつ、《集中/Concentrate》。ハンドを回復してから《夢繰り/Dreamwinder》を召喚し、再登場した《ゴリラのタイタン/Gorilla Titan》の突撃を《考え直し/Second Thoughts》してみせた。

ライフ 8 vs. 15 という段階で Wise は場をほぼ掌握。

《エイヴンの群れ/Aven Flock》、《尊い癒し手/Hallowed Healer》、《思考を貪るもの/Thought Devourer》と並べて《カーターの願望/Kirtar's Desire》を《ナントゥーコの信奉者/Nantuko Disciple》にエンチャントしてみせた。《異形の這うもの/Frightcrawler》(スレッショルド)を召喚した東野ではあったが、駄目押しとばかりに《公証人/Scrivener》に《追い返し/Repel》を回収されてしまう。

しかし、ここで東野は《獣の襲撃/Beast Attack》をトップデッキ。
ここからのアタックと《亡者の悲鳴/Screams of the Damned》の起動とでライフ差を 4 vs. 4とした東野は、自らの置かれている状況について熟考した。

結局、残り時間 10 分という状況ゆえに、東野は《亡者の悲鳴/Screams of the Damned》での「相打ち」(同時死亡)を選択した。

まったくもって妥当な判断だった。

東野 1-0-1

Game 3

シャッフルを終えて残り 7 分という状態で迎えた三戦目。
スピーディにお互いがビートダウンにトライした。

Wise が《セファリッドの斥候/Cephalid Scout》を召喚し、東野も《異形の這うもの/Frightcrawler》で応戦。Wise の《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》サモンの返しには東野も《クローサの報復者/Krosan Avenger》。

《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》起動から《天使の壁/Angelic Wall》召喚とWise が動けば、《苦悩/Afflict》で《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》を除去しにかかる東野。しかし、ここで Wise はダメージクロックとしては文句なしの《思考を貪るもの/Thought Devourer》をトップデッキ。...東野も《ナントゥーコの信奉者/Nantuko Disciple》召喚で未来に備えたのだが、 Wise は《カーターの願望/Kirtar's Desire》を《クローサの報復者/Krosan Avenger》にエンチャントするという徹底ぶりでダメージレースで前に出たのだった。

一歩も退けない東野。
《カーターの願望/Kirtar's Desire》対策であった《刺青の護法印/Tattoo Ward》を《クローサの報復者/Krosan Avenger》にエンチャントしてアタック!
...ただ、これは Gary Wise のハンドに待機していた《雲を追うエイヴン/Aven Cloudchaser》に攻撃対象を用意してやっただけのこととなってしまう。

《雲を追うエイヴン/Aven Cloudchaser》、《思考を貪るもの/Thought Devourer》、《セファリッドの斥候/Cephalid Scout》、と合計でパワー 6 相当の陣容によって制空権を掌握した Wise。

しかし、東野も何とか致命傷となる前に《考え直し/Second Thoughts》で《思考を貪るもの/Thought Devourer》と《雲を追うエイヴン/Aven Cloudchaser》を除去し、ダメージクロックを破壊して意地を見せつけた。そう、このままタイムアップとなれば東野の二戦目での選択が結果論的にも正解となるのだから。

...残り時間 1 分。
しかしながら、たった 2 点しか残っていない東野のライフは《霊力/Psionic Gift》をエンチャントされた《天使の壁/Angelic Wall》という砲台にあっさりと削りきられてしまったのだった。

そして、ちょうどここでタイムアップのアナウンス。
東野の Revenge は次回以降へと持ち越しになってしまった。

Gary wise Wins

Final Result:Draw

Gary Wise
PT Sandiego

Main Deck
Sideboard
8 Island
9 Plains1 Angelic Wall
1 Auramancer

1 Aven Cloudchaser
1 Aven Flock
1 Hallowed Healer
2 Mystic Zealot
1 Aven Windreader
1 Cephalid Looter
1 Cephalid Scout
1 Dreamwinder
1 Scrivener
1 Thought Devourer
1 Embolden
3 Kirtar's Desire
2 Second Thoughts
1 Aether Burst
1 Concentrate
1 Psionic Gift
1 Repel

Masayuki Higashino
PT Sandiego

Main Deck
Sideboard
7 Forest
3 Plains
6 Swamp
1 Bog Wreckage1 Wayward Angel
1 Cursed Monstrosity
1 Dirty Wererat
1 Fledgling Imp
2 Frightcrawler
1 Zombie Assasin
1 Gorilla Titan
1 Krosan Avenger
1 Leaf Dancer
1 Nantuko Disciple
1 Werebear
2 Second Thoughts
2 Afflict
1 Diabolic Tutor
1 Gravestorm
2 Patriach's Desire
1 Screams of the Damned
1 Beast Attack
1 Reflesh



© 1995-2003 Wizards of the Coast, Inc., a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.
Wizards is headquartered in Renton, Washington, PO Box 707, Renton, WA 98057.

PRIVACY STATEMENT