English Language Sideboard
Archives Table of Contents Event Coverage Question Mark Facts Book Fantasy Pro Tour Links

ラウンド 8: 檜垣貴生 vs. Jon Finkel

藤田剛史 / 森慶太

檜垣、試練の 4 番勝負。
詳細は別記事"3rd Rochester:檜垣貴生"を参照されたし。

ボス 1 体目は Finkeltron だ。

Game 1

Finkel の赤緑速攻デッキに対して檜垣は青白コントロール。
先攻を取ったほうがかなり有利な組み合わせで、ダイスロールに勝った檜垣が先攻を取って始まった。序盤3ターン目まで何も出ない Finkel を尻目に《 Cephalid Scout / セファリッドの斥候 》、《パッチワーク・ノーム/Patchwork Gnomes》と展開する檜垣。
一方の Finkel も何とか《蛮族の狂人/Barbarian Lunatic》を召喚してビートダウンの体制を作ろうとする。一方檜垣の手札には《天使の壁/Angelic Wall》、《気力あふれる放浪者/Resilient Wanderer》といるのだが手札に平地が無く青単の状態で、このまま平地を引かないと苦しくなりそうな檜垣だった。

...が、 4 ターン目に無事平地をトップデッキして《 Angelic Wall / 天使の壁 》を召喚し、とりあえずは Finkel の序盤の攻撃を食い止めるのに成功した。しかし、かの Finkel がこのままおとなしくしてるわけも無く、次ターンには《パーディック山の火猫/Pardic Firecat》さらに《 Lithatog / リサトグ 》と立て続けに召喚、檜垣の防御網を何とか突破しダメージを与え続ける。

しかし、ここで檜垣がキャストしたのが《獣の墓場/Animal Boneyard》。

赤緑ビートダウンにとって除去しようとしたクリーチャーをライフに変えられるこのカードは天敵で、さすがの Finkel も顔が曇る。さらに《カーターの願望/Kirtar's Desire》を《 Lithatog / リサトグ 》につけ、檜垣はまたも Finkel の攻撃をしのぐことに成功しつつあった。

それでもなんとか攻撃を通したい Finkel は《パーディック山の火猫/Pardic Firecat》に《シートンの願望/Seton's Desire》をつけ攻撃、ここまで檜垣の《セファリッドの斥候/Cephalid Scout》に削られていたライフ差をなくし、14対14のタイにまで引き戻す。さらに新たな攻撃要員として《狂犬/Mad Dog》を送り出した。

しかし、ここで檜垣はまたも平地をトップデッキ、手札の《気力あふれる放浪者/Resilient Wanderer》を召喚し、あわれ Finkel の《 Mad Dog / 狂犬 》は紙くずに変わり果てた。さらに檜垣は次ターン《霊気の噴出/AEther Burst》をトップデッキ、 Finkel 唯一のダメージ元である《シートンの願望/Seton's Desire》つき《パーディック山の火猫/Pardic Firecat》をバウンスし、Finkel のダメージは全く通らなくなった。

この時点で檜垣の手札には《文化交流/Cultural Exchange》があり、次々召喚される Finkel の大型クリーチャーたちを余裕で見守っている始末。さらに檜垣が二枚目の《霊気の噴出/AEther Burst》を引いた時点で、勝負あり。相手の大型クリーチャーたちを《文化交流/Cultural Exchange》し、プレゼントしたクリーチャーをバウンスして攻撃、自らのクリーチャー達に蹂躙された Finkel は投了した。

檜垣 1-0

Game 2

もちろん先攻の Finkel 、一方の檜垣はマリガンスタートで檜垣にとっては苦しい立ち上がりになった。 先攻のFinkel はまず《ドルイドの抒情詩人/Druid Lyrist》を召喚、 3 パック目の初手!で取ったこのビートダウンクリーチャーが攻撃を開始する。哀れ。

一方の檜垣も、またもや《セファリッドの斥候/Cephalid Scout》を 2ターン目に召喚。しかし、今度はあっさり《炎の稲妻/Firebolt》で焼かれる。しかも Finkel は 4 ターン目に《象の待ち伏せ/Elephant Ambush》、5ターン目には《 Pardic Firecat / パーディック山の火猫 》と鬼回り、一方の檜垣の手札というと、あわれ(何を拾うねん)《公証人/Scrivener》と(何がしたいねん)《オーラ術師/Auramancer》のそろい踏み。あっさり 8 ターンキルで Finkel が二本目を取り返した。

Jon Finkel 1-1

Game 3

今度は Finkel がマリガン。辛い立場の後手のマリガンはこれぞマジックといったところか。

まず先攻の檜垣が《天使の壁/Angelic Wall》、《尊い癒し手/Hallowed Healer》と順調に展開、一方の Finkel は...4 ターン目まで「 Draw Go 」と言うのみ。さすがに赤緑ドローゴーがドラフトで強いわけも無く、 Finkel 檜垣とも苦笑い。さらに檜垣は《獣の墓場/Animal Boneyard》、《操作室/Chamber of Manipulation》コンボをはやばや5ターン目に決め、勝負あったかに見えた。しかしここで Finkel は《リスの巣/Squirrel Nest》をトップデッキ!! もちろん檜垣が流した一枚。

いっきに Finkel が逆転勝利!!!!

...と、そう都合よくいくわけも無く、桧垣の《雲を追うエイヴン/Aven Cloudchaser》で《リスの巣/Squirrel Nest》を破壊された Finkel 。

ほんの少しの抵抗を見せてから投了した。

檜垣 Win ! 2-1



© 1995-2003 Wizards of the Coast, Inc., a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.
Wizards is headquartered in Renton, Washington, PO Box 707, Renton, WA 98057.

PRIVACY STATEMENT