English Language Sideboard
Archives Table of Contents Event Coverage Question Mark Facts Book Fantasy Pro Tour Links

準々決勝: 八十岡翔太 vs. 名倉浩人

黒田正城

 初日スタンダードを無敗で勝ちあがってきた八十岡。デッキの強さは十分に証明済みだ。それに加えて、ここまで見せ付けてきた引きの強さも発揮されるだろうか。
 対する名倉は日本選手権で森雅也が披露した Square-Void デッキを髣髴とさせるコントロールデッキである。数多く投入されている手札破壊呪文が功を奏するか。

 いよいよ準々決勝。

Game 1

 八十岡先手。
 初手にはカウンターがないが、 2 枚の《選択/Opt》と《Repulse/排撃》があるので、将来的にはなかなか期待できると言えるだろう。名倉もまずまずの初手でマリガンなし。

 序盤は特に動くこともなく、両者とも静かに土地を置く展開。名倉は《強迫/Duress》を温存し、八十岡の手札が整理され始めたところにこれをキャスト。《排撃》を抜き去る。
 これで八十岡がカウンターを持っていないことを確認したあとで《 Tainted Pact / 汚れた契約 》を 2 回連打するが、最初は《ラノワールの荒原/Llanowar Elves》が重なって失敗、 2 回目は土地を 2 枚見送ったあとに、《Flametongue Kavu/火炎舌のカヴー》が重なってまたも失敗となる。そしてこのターン、 4 枚目の土地を置けずにエンド。明らかにこれは欲張りすぎだろう。

 八十岡はこの間に土地を並べ続け、名倉の《獣群の呼び声/Call of the Herd》を《排撃》し、《破滅的な行為/Pernicious Deed》を張って場のコントロールをはかる。
 続いて《魂売り/Spirit Monger》を引いてきたのだが、手札にカウンターが来るまで我慢してからキャストするという堅実なプレイングである。名倉はこれを《強迫》からの《Terminate/終止》で除去。どちらも負けてはいない。

 この時点でお互い手札を使い尽くしたため、引き勝負に入る。
 名倉が《汚れた契約》から《獣群の呼び声》を持ってくると、八十岡は《排撃》、《Mystic Snake/神秘の蛇》で対処。しかし、この《蛇》は名倉の《Urza's Rage/ウルザの激怒》で昇天。両者非常にかみ合った展開を見せる。

 最終的にこの引き勝負を制したのは八十岡だった。《魂売り》を引き当てた次のターンに《Undermine/蝕み》を手に入れ、《終止》をトップデックした名倉の希望を打ち砕いた。

Game 2

 このデュエルも両者の異常な引きの強さが際立った。

 まず、名倉が 3 枚の手札破壊を連打。八十岡のハンドを丸裸にする。
 ここから《獣群の呼び声》をキャストしようとするのだが、八十岡が凄まじい引きを見せる。

 この《獣群の呼び声》に《 Counterspell / 対抗呪文 》。
 《呼び声》のフラッシュバックに《神秘の蛇》。
 《魂売り》に《対抗呪文》。
 《Persecute/迫害》に《蝕み》。

 なんと、手札に何も無い状態から 4 回連続で脅威を跳ねのけた上、次のターンにはなんと《魂売り》を引き当てて、場に出した。

 ところが、ここからは名倉の見せ所。ちなみに、こちらもこの時点で手札を使い切っている。

 《魂売り》に終止。
 《Thunderscapae Battlemage/雷景学院の戦闘魔道士》を黒キックでキャスト。八十岡の手札が無くなる。

 《Yawgmoth's Agenda/ヨーグモスの行動計画》。
 《Addle/頭の混乱》を 2 ターン連続でキャスト。
 《戦闘魔道士》をダブルキックでキャスト、行動計画を破壊して複数行動が可能に。
 《強迫》から《魂売り》を場に出す。

 これで状況は完全に逆転した。あとは速やかに勝負を決めてしまおうと、八十岡のターンエンドに《激怒》を 2 発飛ばしてフルタップしたところ、なんと八十岡は《Slay/殺戮》を引いており、魂売りを除去。キャントリップで引いたカードが《対抗呪文》!

 そして自分のターンに《魂売り》をドロー・・・と、またもや場が一転してしまった。

 名倉も渾身のドローで、次のターンに《終止》を打ってみるが、先ほどの《対抗呪文》でカウンターされてしまい、これでゲーム終了かと思ったのだが・・・

 名倉の手札から出てきたのは 2 枚目の《行動計画》。

 墓地にあった 2 枚の《激怒》を本体へ。

Game 3

 先手の八十岡は森 2 枚で発進するわけにもいかず、マリガン。 6 枚のハンドはまずまずで、両者先 ほどと同じような展開となった。

 名倉は 3 ターン目に《強迫》をキャストして、大いに悩むことになる。カウンター呪文も厄介ではあるのだが、それよりも《Lobotomy/ロボトミー》がまずい。しかたなく《ロボトミー》を選択。

 そして、次のターンに八十岡がキャストした《Fact or Fiction/ 嘘か真か》がまたまた強力な 5 枚を示す。

 《蝕み》 2 枚、《嘘か真か》、《殺戮》、土地。
 結局、この 5 枚から《蝕み》以外の 3 枚のスペルを入手した。

 続くターン、またしても《嘘か真》か。
 強力なカード群と一緒に《ロボトミー》が出てしまい、 1 対 4 に分けるのかと思ったのだが、《ロボトミー》に《排撃》など 2 枚のカードを引っ付けてしまったので、もちろんそちらの山を取られてしまった。この《ロボトミー》で手札から 3 枚の《赤い戦闘魔道士》が抜き去られ、名倉はかなりの窮地に立たされてしまう。手札に残ったのは 2 枚目の《魂売り》と《激怒》だが、どうしても 5 枚目の土地が来ない。

 その間に八十岡はどんどん土地を並べ続け、《神秘の蛇》 2 匹で攻撃を始める。
 そして、名倉が最後の抵抗として出した象トークンを《Persuasion/説得》で手に入れてゲームセット。
 準決勝へ駒を進めることになった。

Shota Yasooka
UBG

Main Deck
Sideboard
8 Island
4 Forest
3 Swamp
4 Salt Marsh
3 Yavimaya Coast
2 Llanowar Wastes4 Mystic Snake
3 Spiritmonger
4 Counterspell
4 Undermine
4 Repulse
4 Opt
4 Fact or Fiction
4 Pernicious Deed
3 Lobotomy
2 Spite/Malice
4 Gainsay
4 Jungle Barrier
3 Slay
2 Prohibit
2Persuasion

Nagura Hiroto
Good Staff

Main Deck
Sideboard
4 Llanowar Wastes
4 Swamp
3 Karplusan Forest
1 Sulfurous Springs
3 Shadowblood Ridge
1 Mossfire Valley
4 Forest
4 Urborg Volcano

4 Flametongue Kavu
4 Spiritmonger
4 Call of the herd
4 Addle
4 Terminate
4 Urza's Rage
4 Duress
4 Pernicious Deed
4 Tainted Pact
4 Thunderscape Battlemage
3 Slay
2 Duress
2 Yawgmoth's Agenda
2 Execute
2 Engulfing Flames


© 1995-2003 Wizards of the Coast, Inc., a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.
Wizards is headquartered in Renton, Washington, PO Box 707, Renton, WA 98057.

PRIVACY STATEMENT