English Language Sideboard
Archives Table of Contents Event Coverage Question Mark Facts Book Fantasy Pro Tour Links

Round 2: 村瀬浩司 vs. 中野史樹

黒田正城

Nakano Humiki

Main Deck
Sideboard
11 Forest
7 Island
Patchwork Gnomes
Mikkikin
2 Aven Windreader
Puppeteer
Scrivener
Syncopate
Repel
2 Divert
Krosan Archer
Nantuko Disciple
Refresh
Skyshooter
Werebear
Elephant Ambush
Sylvan Might
Diligent Farmhand
Springing Tiger
2 Wild Mongrel
Leaf Dancer

Murase Hiroshi

Main Deck
Sideboard
6 Forest
4 Mountain
5 Swamp
Ravaged Highlands
Bog Wreckage
Vampiric Dragon
Zombie Assassin
Frightcrawler
Ghastly Demise
Afflict
Fledgling Imp
Patriarch's Desire
Dusk Imp
Morbid Hunger
Whispering Shade
Firebolt
Flame Burst
Chainflinger
Barbarian Lunatic
Engulfing Flames
Anarchist
Acceptable Losses
Krosan Avenger
Gorilla Titan
Squirrel Nest
Moment's Peace
Muscle Burst
Cartographer
Springing Tiger

Game 1

先手の村瀬は森 2 枚でスタート、不安な立ち上がりだったがあっさりと沼を引き当て序盤の圧力をかける。対する中野は土地が 2 枚で止まり非常に苦しい展開。
村瀬が召還した《 Springing Tiger 》の攻撃を《 Diligent Farmhand 》でブロックし、時間を稼ぎつつ土地を何とかそろえる。その後《 Elephant Ambush 》の象トークンで《 Springing Tiger 》を相打ちに取り、後続のブロッカーを並べるが、村瀬のデッキは非常に除去が豊富で、中野の場に 2 体以上のクリーチャーが並ぶのを許さない。その上新しく場に出たのは 《 Vampiric Dragon 》 。何度か 《 Rapel 》 でライブラリーに送り返すが、青緑という色の性格上カウンターできなければほとんど対処法がない。やはりレアは強かった。

村瀬 1 - 0 中野

Game 2

中野は初手にある土地が森 4 枚のみで、マナの色とスペルの色がまるでかみ合わない。なんとか《 Elephant Ambush 》まではこぎつけるが、残りの手札3枚はキャストできないまま手札でくすぶる状態になった。村瀬もやや事故気味で、沼を引けないために黒の除去呪文を3枚も抱えたままの展開になった。先に色マナを引き当てたのは中野で、《 Scrivener 》が再び象トークンを連れてくる。村瀬は黒いカードばかり次々と引いてきて、手札だけ見れば非常に強そうなのだが、いかんともしがたい《 Wild Mongrel 》の攻撃でかなりのダメージを受けてしまった。
しかし中野もこの隙にさらなる脅威を出すことができず、村瀬が黒マナを探し当てるまでに勝負をつけられなかった。こうなると手札を自由に使えるようになった村瀬の勢いは簡単には止められない。手札にドラゴンと除去呪文を 2 枚抱えたまま、場のクリーチャーだけで中野を圧殺した。

村瀬 2 - 0 中野
村瀬 Wins



© 1995-2003 Wizards of the Coast, Inc., a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.
Wizards is headquartered in Renton, Washington, PO Box 707, Renton, WA 98057.

PRIVACY STATEMENT