English Language Sideboard
Archives Table of Contents Event Coverage Question Mark Facts Book Fantasy Pro Tour Links

Round 4: 長岡崇之 vs. 信下淳

松井健治

バイ明けの 4 回戦に対峙するのは、京都のデッキビルダーである長岡と、岐阜のトッププレイヤー、信下である。
信下は今回のグランプリでももちろんバイを 3 つ持っているのだが、長岡は 1 であるような話をし、信下はしかめ面である。
それもそうである、バイを 1 つしか持たない人間がここにいるということは、ここまで勝ちあがってきたと言う事。
それは、その本人、そのデッキが良いデッキであるという証拠でもあるのだから。

Game 1

信下の先手でゲームは始まるが、山と沼で止まったしまったのを後目に、長岡が《 Wild Mongrel 》で攻撃を開始。
少しすればお互い土地はそろって来るのだが、信下のがブロッカーとして用意した《 Springing Tiger 》は《 Syncopade 》されてしまい、長岡に完全にコントロールされている。
信下の残りライフが 6 になった頃に、苦し紛れの《 Acceptable Losses 》を打って Mongrel を除去したのだが、返す長岡のターンに《 Aven Windreader 》を 2 ターン立て続けに呼び、これを処理する事の出来ない信下は 1 本落とすことになる。

長岡 1 - 0 信下

Game 2

2 戦目も信下の先手でゲームは始まるが、相変わらず展開が遅く、後手の長岡は《 Diligent Farmhand 》《 Cephalid Scout 》《 Nantuko Elder 》と綺麗にデッキが展開。

信下のデッキは決して弱くはないのだが、あまりに重いカードが多すぎるため、長岡の軽いデッキには苦戦を強いられることになる。
除去はカウンターされ、とどめの《 Elephnt Ambush 》を《 Morment Peace 》で耐えることしか出来なかった信下は、最後に呼んだブロッカーを無惨にもバウンスされ、信下は勝負に敗れた。

一体、信下の《 Kamahl, Pit Fighter 》はどこへ行ったのだろうか?

Win 長岡 2 - 0 信下

Nobushita Jun

Main Deck
Sideboard
6 Forest
5 Mountain
4 Swamp
Ravaged Highlands
Timberland Ruins
Shadowblood Egg
Limestone Golem
Gravedigger
Repentant Vampire
Malevolent Awakening
Patriarch's Desire
Dirty Wererat
Ember Beast
Pardic Firecat
Kamahl, Pit Fighter
Minotaur Explorer
Blazing Salvo
Thermal Blast
Acceptable Losses
Volcanic Spray
Krosan Archer
Refresh
Moment's Peace
Rabid Elephant
Werebear
Beast Attack
Crashing Centaur
Springing Tiger

Nagaoka Takayuki

Main Deck
Sideboard
7 Forest
7 Island
2 Plains
Skycloud Expanse
Hallowed Healer
2 Aven Windreader
2 Cephalid Scout
Cephalid Broker
Balshan Griffin
Chamber of Manipulation
Syncopate
Repel
Ather Burst
Nantuko Elder
Squirrel Nest
Refresh
Moment's Peace
Werebear
Elephant Ambush
2 Diligent Farmhand
Still Life
Springing Tiger
Wild Mongrel
Leaf Dancer



© 1995-2003 Wizards of the Coast, Inc., a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.
Wizards is headquartered in Renton, Washington, PO Box 707, Renton, WA 98057.

PRIVACY STATEMENT