English Language Sideboard
Archives Table of Contents Event Coverage Question Mark Facts Book Fantasy Pro Tour Links

Quarterfinal: 安藤玲二 vs. 塩津龍馬

松井健治

長かった二日に渡る予選ラウンドも終わり、とうとう決勝ラウンドまでやってきた 8 人のプレイヤー達。
私はその中の二人、安藤と塩津の記事を取りたいと思う。

2 番席に安藤、 5 番席に塩津と座り、安藤が上の森の緑に色をかぶせに行き、
二人で同じ色を取り合いながら、最終的に赤緑のビートダウンデッキに仕上がった。
塩津の方も、上の山田屋が赤緑を始めていたのだが、《 Iridescent Angel 》を自分のパックで引いたところで、トリーヴァカラーを開始されてしまう上、下の Ruel には青緑をやられてしまい、青黒を強行していた塩津にはなかなか辛い状態になってしまった。

両者、とも辛い中で出来上がったデッキだけにどちらが勝つかは解らない。
二人の健闘を祈ろう。

Game 1

先手の塩津。
《 Peek 》からののんびりした立ち上がりに対し、安藤は《 Diligent Farmhand 》、《 Wild Mongrel 》と、緑のス晴らしクリーチャー達を順にキャストして行く。
速いクリーチャーに対して、なかなか対抗策を持たない塩津はとりあえず《 Filthy Cur 》を呼んでみる。
だが、ブロッカーとしては不適格なクリーチャーであるため、押されているのも当然であろう。

一方、安藤は《 Krosan Avenger 》、《 Krosan Archer 》と、非常にマナカーブに沿ったクリーチャー展開を見せ、ビートダウンを続ける。
だが、少々重くはあるのだが、塩津のデッキには何枚もの優秀なレアカードが含まれているため、安藤も気を抜くことが出来ない。

そんなことを考えている間に、塩津は《 Stalking Bloodsucker 》をキャスト。
そこで安藤は 1 度目の思考タイムに。

綺麗なマナカーブにより、展開されたクリーチャー達は確実に塩津のライフを奪っていく。
それに塩津のコントロールするクリーチャーは 2 体。
それも、 1 匹はブロッカーとして成立しない生き物である。
そこで安藤が使った手段は《 Demoralize 》!

結局、 4 体のうち 1 体しかブロックできない状態にもちこまれた塩津のライフは 1 まで落ち。
次のドローを確認して、投了する。

安藤 1 - 0 塩津

Game 2

再び塩津の先手でゲームは始まり、 2 ターン目の安藤のキャストする《 Wild Mongrel 》を《 Innocent Blood 》で綺麗に除去し、《 Filthy Cur 》、《 Aven Windreaer 》、《 Zombie Assasin 》と素晴らしい展開を見せつける。

だが、その間安藤がスペルをキャストすることはなかった。
そう、土地が 2 枚で止まったしまったのだ。
塩津はこの上に《 Persusion 》を手札にもち、この事を安藤に伝えると、安藤はカードを片付け始めた。
その間、たった 3 分の出来事だった。

塩津 1 - 0 安藤

Game 3

そして始まる 3 戦目、安藤がダブルマリガンをしてしまう。
2 本目を事故で落としただけに、精神的にも辛い状況。
とにかく、ビートダウンデッキで先手を取った安藤は山 2 枚から《 Mad Dog 》を 2 枚立て続けにキャストし、攻撃を始めるが、塩津のクリーチャーやスペルに簡単に除去されてしまい、そこで動きが完全にストップ。
返す塩津のターン、《 Mindslicer 》をキャストし、この間に一気に押し切ってしまおうする所に、安藤は何の抵抗も見せることが出来ない。

手札は緑に染まり、完全に動きが止まってしまった安藤はすべてを受け入れ、塩津に右手を差し出した。

Win 塩津 2 - 1 安藤



© 1995-2003 Wizards of the Coast, Inc., a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.
Wizards is headquartered in Renton, Washington, PO Box 707, Renton, WA 98057.

PRIVACY STATEMENT