English Language Sideboard
Archives Table of Contents Event Coverage Question Mark Facts Book Fantasy Pro Tour Links

Semifinal: 森田雅彦 vs. 塩津龍馬

松井健治

準決勝。
森田は赤緑、塩津は青黒と、お互いその色の持ち味をしっかり生かしたデッキになっており、その力を十分に振り絞って準決勝へ進んできた。

森田は予選ラウンドを通して、すべて赤緑のデッキをプレイしてここまで勝ち上がってきており、緑最強のこの環境で一番強い色の組み合わせをプレイしてきたのだ。
代わって塩津は緑を嫌うドラフトを行い、ここまで勝ち上がって来た特殊な考えをもつプレイヤーである。

一体どちらの考えが勝利へ繋がるのか?

Game 1

先手森田。
1 ターン目に《 Diligent Farmhand 》を出し、それをサクって 3 ターン目に《 halberdier 》をプレイし、立ち上がりは上場。
続けて《 Chatter of the Squirrel 》、《 halderdier 》とプレイし、いきなり圧殺モードに入っていくが、塩津ももちろんこれをおとなしく見ているわけも無く、《 Persusion 》で片方の《 halberdier 》をゲット。
これに続き、《 Stalking Bloodsucker 》までキャストし、塩津も負けてはいない。

とにかく前に出ようとする森田の攻撃を必死に《 Staling Bloodsucker 》で止め、消耗戦を繰りかえして行く。
消耗戦を繰り返した後は、互いのドローにかかっているのであるが、ドロー勝負に塩津が一歩勝っているようで・・・
否、もう赤緑では挽回できないくらい場が負けている。

だが、ここで塩津は一つプレイミスを犯す。
《 Patriarch's Desire 》で《 Warebear 》を除去せずに、リストークンの方をなぜか除去してしまう。
場は完全に塩津のペースであり、余裕があったのか、一気に森田を攻め落とす準備が整ったところで、森田のターン。

「《 Demoralize 》を打ちます、スタックで《 Rites of Initiation 》を打って、 3 枚ディスカードします。」

そう、藤田剛史が好んで使う、「真空波動拳」コンボが塩津のブロッカーを無視し、スレッショルドで膨れ上がった《 Warebaer 》と、リストークンがさらに +3 され、塩津のライフは一気に 11 から 0 になってしまった!
たとえ《 Overrun 》でもひっくり返せない状況を、森田はたった 2 枚のコモンで勝負を決めてしまったのだ。

塩津はがっくりとうなだれ、勝負の結果を理解し、カードを片付け始めた。

森田 1 - 0 塩津

Game 2

先手は変わって塩津になり、森田のスピードを少しでも緩和しようとするが、 1 ターン目に《 Chatter of the Squirrel 》、《 Warebear 》、《 Chainflinger 》と、先ほどに近い素晴らしいマナカーブでカードを展開。
そのまま《 Lithatog 》まで呼び、もうこのまま勝負のつきそうな勢いである。

その間に塩津の起こせた行動は、《 Aven Fisher 》と《 Balshan Griffin 》を呼ぶことだけ。
残念ながらそのクリーチャー達では、森田のクリーチャーと相打ちが関の山である。
これを《 Lithatog 》などで突破していき、塩津はもう後が無くなって来た。

とにかくブロッカーを用意する塩津。
だが、頭をかすめるのは 1 本目での負け方。
あれがいつ飛んでくるかと怯える日々が続く。

このまま黙っていても、森田の《 Chainflinger 》が塩津のライフを削り続ける。
少しでも反撃をしないとどうにもならないことは解っているので、森田のライフを 20 から 18 にする行動をとる、塩津。

森田もそろそろ頃合かと思ったか、《 Lithetog 》を使い、スレッショルドのついた《 Demoralize 》で塩津のライフを 3 まで持っていき、もう死を覚悟したのか、《 Stalking Bloodsucker 》を呼び、ターンエンドした塩津。
そこで森田は次のターンにもう一度《 Demoralize 》をキャストし、ゲームエンド。

赤緑対青黒は完全に赤緑の圧勝で終わった。

次は決勝。
森田の初タイトルを切望する。

Win 2 - 0 塩津



© 1995-2003 Wizards of the Coast, Inc., a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.
Wizards is headquartered in Renton, Washington, PO Box 707, Renton, WA 98057.

PRIVACY STATEMENT