English Language Sideboard
Archives Table of Contents Event Coverage Question Mark Facts Book Fantasy Pro Tour Links

Round 8: 黒田正城 vs. 森 勝弘

松井健治

本日最終戦は 6 - 0 - 1 ラインで当たるこの 2 人、関西の良心、黒田正城と、本日 3 回もフィーチャリング席でデュエルしている、森勝洋との戦いだ。
本日はなんとか 8 回戦で終了な為、早く寝たいや、飯を食いに行きたいと楽しく会話している。
だが、ここで勝ってしまえば、簡単にベスト 8 を狙える位置に行けてしまう為、ここは正念場である。

Game 1

先手黒田が《Llanwer Elves / ラノワールのエルフ》をキャストすると、森はこれを直感で《Force of Will》といきなりもの凄いプレイで試合のスタートを切った。

森はあまり手札が良い訳ではなく、《Phyrexian Furnace / ファイレクシアの炉》をキャントリップとしてどんどん使っていき、《Thewing Gresers 》を引き当て、ゆっくりと土地を重ねていくが、既に黒田の場には、土地が 6 枚 ( 内、 3 枚が《Treetop Village / 樹上の村》 ) と《Yavimaya Elder / ヤヴィマヤの古老》、《Spike Feeder / スパイクの飼育係》が 2 枚と、完全に場で圧倒している。

一方、森は《Marchant Scroll》で《Brainstorm / 渦巻く知識》を持ってくるなど、《Thawing Glaciers》とのシナジィも含めつつ、デッキを回転させて行くのだが、なかなか土地しか引くことができない。
黒田が、森をライフ 3 まで追い詰めたところで、森は考える。
《Sapphire Meddalion / サファイアの大メダル》を張り、《Illusions of Grandeur》をキャストし、《Marchant Scroll》で《Fact or Fiction / 嘘か真か》をサーチして次のターンに望みをかけるが、望みのカードは手に入らず、森は緑のクリーチャー達に蹂躙された。

黒田 1 - 0 森

Game 2

森は 2 ターン目に《Sapphire Meddarion》から《Marchant Scroll》で《Intuition / 直観》と、良い動きを見せ、対する黒田も《Llanower Elves》、《Phyrexian Furnace》《Rancor / 怨恨》と、お互いしっかりデッキが回っているように思うが、黒田は黒マナが引けずに、手札にいる《Phyrexian Negator / ファイレクシアの抹殺者》をキャストできないでいる。
なんとかキャストできるカード、《Spike Feeder》を引き、場の攻撃力を上げることができたが、事故が解消されたわけではない。
攻めきれない黒田を尻目に森は着々と 2 枚目の《Sapphire Meddarion》を張り、場を固めていく。

余談ではあるが、森はサイドボードでコンボパーツを総て抜き、《Morphling / 変異種》で勝負をつける、”メダリオンブルー”バージョンになっている。
なので、《Spike Feeder》も現バージョンではあまり危険な存在ではないのだ。

森も黙って殴られ続けるわけには行かないので、《Accumulated Knowledeg / 蓄積された知識》や《Fact or Fiction 》を連発し、一気に《Morphling》を 2 体出し、返しのターンで《Pernisious Deed / 破滅的な行為》を黒田がキャストしたところ、森がこれをカウンターし、黒田は投了した。
この時点で残り時間は 10 分。

黒田 1 - 1 森

Game 3

再び黒田の先手でゲームが始まるが、初手に 1 枚の《Forest / 森》と、《Birds of Paradice / 極楽鳥》しかマナがない。
だが、ジリ貧なまま引き下がる訳にもいかないので、その手札をキープして発進。

これは黒田の 2 ターン目のドローで勝負が決まるのでは無いだろうか?

渾身の力で引いてきたカードは《Forest》!
2 ターン目にキャストした《Yavimya Elder / ヤヴィマヤの古老》こそ《Force of Will 》されてしまったが、後のターンから《Spike Feeder》と連発でキャストし始め、場は一気に黒田の優勢に向かうい、ようやっと 5 マナ揃った所で、《Spiritmonger / 魂売り》をキャスト。
普通に考えれば、この《Spiritmonger》を除去できない森は、《Morphling》を出してやっと耐えるか、と言った所なのだが、森の手札にはなんと《Earthquake / 地震》があり、場に 6 枚の土地がある。
ここで土地を引けば黒田の場が壊滅し、森の大逆転がありえる絶好の機会。
そこで森の引いたカードは・・・

《Island / 島》。

なんと、 6 点の《Earthquake》が完全に黒田の場を崩壊させてしまった!

だが、この時点で残り試合時間が5分を切っている状態。
黒田も森もこんなところで引き分けにはすまいと必死でプレイを続けるが、どちらからともなく、

「 ID しよか?」

この一言でこの試合はお流れになってしまった。
実際、お互い真面目にプレイするとどうせ時間切れになっているので、結果としては同じ事なのかもしれない。

Final Result : ID



© 1995-2003 Wizards of the Coast, Inc., a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.
Wizards is headquartered in Renton, Washington, PO Box 707, Renton, WA 98057.

PRIVACY STATEMENT