English Language Sideboard
Archives Table of Contents Event Coverage Question Mark Facts Book Fantasy Pro Tour Links

準々決勝: 石田格 vs. 村上裕樹

藤田憲一

Game 1

 準々決勝第一試合は、二日間負け無し(12勝0敗2分)の絶好調石田格と地元宮城から村上裕樹。

 デッキは石田が Burried Dog、村上が Donate ということで相性的にはやや石田不利か。なにしろメインでは《 Illusions of Granduer 》への対抗手段が何一つない。逆に村上的には速攻をかけられる前に何とかコンボを成立させたいところ。

 先攻は村上。
初手に《 Volcanic Island 》のみと言う苦しい初手。当然、マリガンを選択した。
今度は島 3 枚でほっと一安心。

 石田の初手は《 野生の雑種犬 / Wild Mongrel 》《 Ashen Ghoul 》《吸血の教示者 / Vampiric Tutor 》《 Bayou 》X 2 山と、かなりの好配牌。

 ファーストアクションは村上のエンドに石田の《吸血の教示者 / Vampiric Tutor 》。最近流行の《 ゾンビの横行 / Zombie Infestation 》を入手。1ターン目に《 隠遁ドルイド / Hermit Druid 》をドローしているので、《 野生の雑種犬 / Wild Mongrel 》とどちらかは通しておきたい、といったところか。
結局、《 隠遁ドルイド / Hermit Druid 》はさすがにカウンターされるものの、次ターンの《 野生の雑種犬 / Wild Mongrel 》はカウンターされずに場に出る。あとはエンジンさえ引けば強烈なダメージクロックがかかることになる。

 村上のファーストアクションは4ターン目の《 Merchant Scroll 》。迷わず《 直観 / Intuition 》を手札に加える。マリガン分さすがに手札が寂しいので、《 直観 / Intuition 》→《 知識の蓄積 / Accumelated Knowledge 》の黄金パターンで今後に備えようといったところか。

 5 ターン目、石田念願の《 生き埋め / Burried Alive 》を Top Deck。そのままキャストして、《Ashen Ghoul》を 3 枚墓地に落としで攻撃。さらに手札にあった《 野生の雑種犬 / Wild Mongrel 》を捨てて次ターンのアップキープからゾンビモードに入れるようにした。《 Krovikan Horror 》などでパンプアップするよりもこちらの方がダメージ値は明らかに高い。

 この間、村上はカウンターやコンボの片割れ《 寄付 / Donate 》は引くものの、ドロー操作や肝心の《 Illusions of Granduer 》を引けずにかなり苦しい展開。

 次ターン、さらに《 野生の雑種犬 / Wild Mongrel 》を捨て《 Ashen Ghoul 》を 2 体場に出し攻撃。ライフ 8 とし、村上に何もされなければもなければ次ターンの勝利が決定する。さらに念には念を入れて《 ゾンビの横行 / Zombie Infestation 》をキャスト。

 後がない村上は、石田のエンドに先ほど引いた《 知識の蓄積 / Accumelated Knowledge 》から 3 枚ドローするもパーツは揃わない。クリーチャーに対応する手段も引かないため、万事は休したかに思われた。

 ・・・ところがマジックはわからない。村上のファイナルドローがなんとコンボ片割れの《 Illusions of Granduer 》!! 《 寄付 / Donate 》するマナはないがそのままキャスト。これにより村上のライフは 28 点に増加。返しで石田がアタックするも、ライフは果てしなく遠い。結局、次ターン《 寄付 / Donate 》が通り石田投了。
ニューオリンズ決勝で、カイ・ブッディが見せた Top Deck を彷彿とさせる村上の引きだった。

石田 0-1 村上

Game 2

 先攻は石田。

 まずは軽く黒の嗜み《 強迫 / Duress 》から。《 Force of Will 》を墓地から落とす。この時点でカウンターは手札に存在しない上にコンボ成立には結構遠そうな事が判明。《 寄付 / Donate 》はあるが、何しろ土地がない上に軽いドロー操作が無い。

 次ターン、石田は順調に 2 ターン目《 野生の雑種犬 / Wild Mongrel 》をキャスト。手札には《 ゴブリンの太守スクイー / Spuee,Goblin nabob 》《 Krovikan Horror 》といった手札に戻ってくる系のクリーチャーが唸っていた。かなりの高ダメージが期待できる。
 一方の村上はコンボパーツは引くものの土地を引けず、やむなく《 サファイアの大メダル / Sapphire Medalion 》をキャスト。これでようやく次ターンから動けるようになった。

 3ターン目、石田の《 野生の雑種犬 / Wild Mongrel 》がアタック。クリーチャー 4 体をディスカードしてなんと 6 点を叩き出す。しかも全部が手札に戻ってくるクリーチャー!順調に行けば次々ターンには村上を倒すのに十分なダメージ値に達する計算だ。

 村上のターン、村上は念願の土地をドロー。しかし手札・土地的にはまだコンボ成立にはやや時間がかかりそうだ。そして石田はそのエンドに《 吸血の教示者 / Vampiric Tuotor 》。コンボ成立を防ぐために《 紅蓮破 / Pyroblast 》を入手しておくことを選択したようだ。
 
 返しのターン、石田のアタックは《 火/氷 / Fire/ice 》でのタップにより妨げられてしまう。そしてエンドに《 直観 / Intuition 》を試みるがこれは先ほど引いた《 紅蓮破 / Pyroblast 》によってカウンターされてしまう。

 ところが、この時点で石田の手札は全てクリーチャーであるということが村上にばれてしまった。しかもマナも 1 マナのみ。

 次ターン、村上は念には念を入れて《 Merchant Scroll 》から《 Force of Will 》を手札に加え、おもむろに《 Illusions of Granduer 》をキャスト。
 
 石田も、《 寄付 / Donater 》が無いことを祈って一応抵抗して殴ってみるが世の中そんな甘いことも無く、次ターン厳かに《 寄付 / Donater 》を頂き敗北した。

 結局、石田の勢いも村上の引きの前に屈してしまった。Donate というデッキタイプの破壊力を見せつけられた一戦であった。

石田 0-2 村上

Game 村上

Itaru Ishida
Wild Zombie (GP Sendai)

Main Deck
Sideboard
4 Taiga
4 Badlands
4 Bayou
2 Swamp
1 Mountain
1 Forest
1 Gemstone Mine
3 Llanowar Wastes
1 Undiscovered Paradise

4 Krovikan Horror
4 Wild Mongrel
4 Ashen Ghoul
4 Hermit Druid
4 Squee, Goblin Nabob
4 Vampiric Tutor
4 Zombie Infestation
4 Buried Alive
3 Firestorm
4 Duress
2 Choke
3 Pyroblast
1 Ruination
1 Ground Seal
3 Spike Feeder
1 Oath of Ghouls
1 Perish
1 Stench of Evil
1 Haunting Echoes
1 Null Rod

Yuuki Murakami (Miyagi)
Donate (GP Sendai)

Main Deck
Sideboard
4 Volcanic Island
2 Mountain
2 Shivan Reef
13 Island

2 Morphling
1 Capsize
2 Fire/Ice
4 Donate
4 Merchant Scroll
4 Illusions of Grandeur
2 Brainstorm
4 Accumulated Knowledge
4 Counterspell
4 Force of Will
3 Intuition
4 Sapphire Medallion
1 Stroke of Genius
3 Ruination
2 Hibernation
4 Pyroblast
1 Morphling
2 Hydroblast
3 Disrupt


© 1995-2003 Wizards of the Coast, Inc., a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.
Wizards is headquartered in Renton, Washington, PO Box 707, Renton, WA 98057.

PRIVACY STATEMENT