Feature Match Round 7

小宮忠義VS岡本尋

森 慶太

 Blue Masterの異名もすっかり定着しきた日本屈指の戦績を誇るプレイヤー、小宮忠義。対する岡本尋も、その高いプレイスキルと人望のあつさとで知られる愛知の強豪である。言うまでもないが、双方ともにプロツアー参戦経験も豊富で、大舞台にも慣れたのベテラン同士である。デッキの選択もカウンターオース同士とあって、好勝負が期待された。

Game 1
 後攻となった岡本が、ダブルマリガンスタートと厳しいスタートであったのに対し、先攻の小宮は Tutor から第 2 ターンに森の知恵をキャスト。一方の岡本も森の知恵のキャストを試みるも Force of Will されてしまう展開で、序盤の小宮の優勢は明らかだった。
 樹上の村でかなりのライフを削られ、Wasteland を 3 枚も引かれてしまった岡本であったが、中盤にきて何とかマナも揃えることが出来るようになった。ところが、変異種に対して変異種、樹上の村には樹上の村といった拮抗した様相を呈してきたころで、百戦練磨の岡本らしくないマナ計算のミスが出てしまう。
 ドルイドの誓いをキャストしたことで、樹上の村を起動しつつ変異種に飛行を与えてブロックすることが出来るマナが足りなくなってしまったのだ。 すぐさまそれに気がついた岡本は、あっさりと投了。第 2 戦へと頭をきりかえていたようだった。
 小宮 1-0。

Game 2
 今度は後手の小宮が一回マリガン。マリガン後、スペルは悪くなかったものの、3 ターン連続してタップ状態で場に出る土地を置かざるを得ない立ち上がりとなってしまった。 それでも、岡本のデッキは速攻デッキでも何でもない同キャラであり、サイド後はオースの無い完全なパーミッションデッキ同士の対決である。お互いがドローゴー・デッキのような淡々とした展開となり、早い段階で勝敗の決着はつかず、最終的には岡本のキャストした豊穰が決定打となった。
 膠着して土地ばかりが居並ぶ中、的確にサポートされた 2 枚ずつのカウンター呪文と樹上の村とが勝負を決定づけたのである。
 岡本1-1

Game 3
 やはり、中盤以降のやり取りが勝敗を分ける…パーミッション同士らしい展開となった。
 たとえば、小宮がキャストした豊穰を巡って、岡本が Annul をプレイ。それを小宮が紅連破でカウンターしようとして、さらに岡本が Counterspell。その Counterspell を小宮が Counterspell しようとしたところ、岡本が紅連破…といった有様であった。
 そんなカウンター合戦などのやりとりの末、岡本尋の森の知恵がついに場に登場。均衡が破られるのかと思われたその瞬間、Blue Master 小宮忠義は変異種をトップデックしてみせた。同時にセットした樹上の村と合わせて、一転して、守勢にまわることを強いたのである。
 ライフを 8 点支払って何とか変異種を用意出来た岡本と小宮の間で、まさしくドロー後にターンエンドをそのまま迎える Draw-Go の様な展開がしばらく見られたが、最終的にはその図式は明快であった。
 森の知恵を通してからカードを溜め込んで、森の知恵-豊穰コンボを完成させた岡本と、残りライフ 3 点となった対戦相手を何とか削りたい小宮。
 延長ターンで大望のアタッカーであるスパイクの織り手を通した小宮忠義は、次のターン中に岡本が Swords to plowshares などの除去を引けなければ勝ち…という状態まで追い詰めることには成功したが、森の知恵-豊穰コンボを決めた岡本の前にはかなわぬことであった。

 1 勝 1 敗 1 タイムアウト、マッチ結果は引き分けである。