Feature Match Round 9

森勝洋 VS 松尾悟郎

森 慶太

 構築戦を代表する新旧プレイヤー、「北陸の雄」松尾悟郎と「最強の高校生」森勝洋。松尾は彼の時代を彷彿とさせるような 5CG 系の TradewindSurvival を駆使し、一方の森は最新の瞬殺タイプの補充を選択してきた。

Game 1
 Survival 系のデックとの練習はかなりこなしてきたのだという森勝洋は、先攻の松尾が 2 ターン目に適者生存を早々とキャストしてきたのにも、まるで慌てた素振りを見せなかった。
 MerchantScrollからConterspellを調達し、次のメインステップに Intuition から 2 枚の伏魔殿と 1 枚のはじける子嚢を松尾の前に並べた。松尾は子嚢を森の手札に入れることを選択し、ひたすら Merfolk Looter でカウンター呪文を引きこもうと模索したものの、成就ならず。
 裏切り者の都セットから大慌ての捜索を経由しての補充のカウンター合戦にあえなく敗れ、一敗を喫した。

Game 2
 サイドから紅蓮破とエメラルドの魔除けなどを投入してきた松尾悟郎。島 2 枚を置いてからドローエンジンたる Merfolk Looter をサモンする立ち上がりを見せ、次ターンにピッチスペルで土地譲渡をキャストした際のハンドには、2 枚の貿易風ライダーと 3 枚のCounterspellが控えていた。
 一方の森はサイドカードの火薬樽をで Looter を除去しつつ、豊富なライブラリー操作呪文で着々とカウンターとコンボパーツを集める展開。かつての HighTide−Genius デッキを彷彿とさせるカウンターベース・コンボである。
結局、伏魔殿と2枚の子嚢が墓地に送り込まれ、補充をめぐって松尾が 2 枚のCounterspell でもって対抗するも、森の Counterspell と Force of Will がこれを阻んだ。それでも松尾はエメラルドの魔除けやスパイクの飼育係のカウンターのサクリファイスなどをスタックに組んで最後の抵抗を試みたが、すでに手遅れであった。
 2 連勝による森勝洋のマッチ獲得。