QuarterFinal

    藤田剛史VS堂山剛志

森 慶太

 予選 7 位通過の藤田は「ローりーさん」の愛称で親しまれているプレイヤーだ。プロツアー常連として国際的にも知れ渡っており、デッキ構築能力には特に定評がある。一方の堂山、これまた「PTQ 大阪 4 連覇」などで知られた強豪で、御存知、本年度日本ナショナルチャンピオンでもあるプレイヤーだ。藤田が選択したのは Necro-Donate、一方の堂山はカウンターオース。…彼らの対戦がこんなにも呆気無く終わってしまうなどと、誰が想像できただろうか?

Game 1
 先攻の堂山の唯一のカウンター呪文である Counterspell を Duress することに成功した藤田は、Demonic Consultation で Necropotence を入手し、第 3 ターンにキャスト。ここからは完全に藤田の独壇場だった。
 そのまま 10 枚のカードを入手し、Force of Will 2 枚、Brainstorm、Illusions、Mox Diamond、Underground Sea、Donate という珠玉の7枚を手札におさめた。
 次ターンの Illusions が通り、藤田剛史はライブラリを引き切り、万全の状'でアップキープを 1 度支払って Donate。ここでは堂山も5マナフルタップから Force of Willを打つことができたものの、藤田の手札にはさらにカウンター 2 回分の余力があったのである。とどめに Illusions に Pyroblast を叩き込み藤田の 1 勝となる。

Game 2
 ダブルマリガンをせざるを得なかった堂山の第 1 ターンの行動は、セット Reflecting Pool。藤田は Duress で唯一のカウンターであった Annul を落として左右の安全を確認。  
 堂山が 2 枚目の土地としてセットしたのは Wasteland。相手のマナが事故気味であることも手伝って、3 ターン目の Necro も難無くキャスト。
 藤田の Illusions がカウンター出来なかった段階で、堂山は投了を宣言したのだった…