SemiFinal

    藤田剛史 VS 森勝洋

森 慶太

Game 1
 補充の森勝洋と Necro-Donate の藤田剛史による準決勝。
 先攻の藤田剛史が第 2 ターンに Duress を打ち、対する森勝洋は Brainstorm でキーカードとなる Counterspell と Force of Will をライブラリに隠すという立ち上がり。結局藤田は Replenish、2 枚の Frantic Search、(2 枚目の)Force of Will の中から Force of Will を選択した。
 数ターンして、藤田の土地が沼 1 枚と Mox だけで止まってしまっている状'で、森勝洋が Lilting Refrain をキャスト。エクステンデッドの環境でよく見るタイプのカードではないが、場にプレッシャーを与えるカードとして威力を発揮しうることは明らかだ。
 藤田はその Refrain に対して Donate をリムーヴしての Force of Will をキャスト。森は Counterspell、さらに藤田は Illusions をコストに Will、森もそれに Frantic Search をきって Will と…カウンター合戦が展開され、Refrain は場に出ることとなった。
 ここで藤田がライブラリを叩きつけるような勢いでドロー…見事ランドを引き当てて、手札から Mox をプレイし、3 マナで Necropotence。決定的なカードを見事に通してみせた。藤田の手札は一時的には空になったものの、ここで藤田は 15 点のペイライフ。残りライフがわずか3点となったことなど、この際まるで関係のない状況だ。
 森も Frantic Search を 2 連発してから Intuition …と、コンボパーツをまさに大慌てで墓地にかき集めたのだが、Pyroblast で Refrain は叩き割られ、Illusions の 20 ライフ分をそのまま 20 枚のドローとされてしまう有様。
 最後は Duress で安全確認をしつつ、あざやかに Donate が決まったものであった。
 藤田の先勝。

Game 2
(写真)  後のない森だったが、マリガンを余儀なくされた。最初のセットランドは古の墳墓である。
 一方の藤田は Duress スタートとまずまずの滑りだし。Annul、Will、Intuition、Brainstorm、Misdirection …といったスペルの中から Force of Will を捨てさせた。
 しかし、その後にわかに状況は膠着したのだが、Vampiric Tutor を引き当てた藤田がDuress を再びキャスト。
 その段階の森のハンドは 2 枚の Annul、Misdirection、2 枚のIntuition、Replenish、Saproling Burstという内容で、Annul が Discard させられた。その直後の森のターン終了時には Demonic Consultation で Force of Will を入手し、続く自ターンに青マナを 2 つ残して Necropotence をキャスト。森は Annul で応戦したが、藤田の方も Annul をコストに Force of Will。森もさらに Intuition をコストに Misdirection で対抗するが、それもwillされてしまう。  藤田は Necropotence によって 15 点のライフを支払い、森の対抗手段を完璧に封じ込めた上でさらに Illusions をキャスト。ライブラリを完全に引き切って森勝洋の最後の Replenish をも Will し、Donate を決めたのだった。  藤田剛史のマッチ獲得である。