Quarterfinal: 森田雅彦 vs. 加藤英宝

黒田正城

今大会一貫して赤緑のビートダウンスタイルを貫いてきた森田は、決勝ドラフトでも
理想のデッキを作ることに成功した。対する加藤も緑を選択しているが、こちらは青を 2 色目に選択し、≪ Psionic Gift ≫などの間接的なカードを多数投入している。森田のデッキにはタフネス 1 のクリーチャーが多く入っており、一度≪ Psionic Gift ≫がエンチャントされてしまうと苦戦を強いられることになるだろう。しかしこのデッキは≪ Rites of Initiation ≫と≪ Demoralize ≫のコンボを強力な勝ち手段の一つとして持っており、これをくい止められるデッキはトップ 8 の中にもほとんど無いので、これが決まるかどうかが勝負の鍵になるだろう。

Game 1

先攻の加藤は土地 6 枚に≪ Muscle Burst ≫でスタート、対する森田は最初からフィニッシュコンボを手札にそろえており、 1 ターン目≪ Diligent Farmhand ≫、 3 ターン目≪ Barbarian Lunatic ≫、 4 ターン目≪ Spark Mage ≫≪ Patchwork Gnomes ≫と並べ、早くもライフを削りきる様子をうかがっている。加藤は本当に何も引いてこず、土地 10 枚に対してスペルはわずか 3 枚の大事故。かろうじて≪ Springing Tiger ≫と≪ Aven Windreader ≫が場を守っているが、いつ死んでもおかしくない状態だ。それでもそこから≪ Fervent Denial ≫を引いてきて、≪ Aven Windreader ≫を火力から守ったのだが、そこでカウンターを使ってしまったため、≪ Demoralize ≫≪ Rites of Initiation ≫のコンボから身を守ることが出来ず、残り 10 もあったライフが 1 ターンで無くなってしまった。

森田 1 - 0 加藤

Game 2

加藤の初手には緑のカードが多数含まれているが、土地は島と山しかなく、ドローに期待してスタート。対する森田もマリガン後赤単でスタートし不安なところだったが、両者無事に必要な色マナを引き当て、森田≪ Patchwork Gnomes ≫、加藤≪ Nantuko Elder ≫、森田 ≪ Chainflinger ≫、加藤≪ Balshan Griffin ≫と並べあう。加藤は続けて≪ Aven Windreader ≫も戦線に投入し、フライングクリーチャーでの攻撃を試みるが、森田の場に≪ Krosan Archer ≫≪ Rabid Elephant ≫が現れ、ダメージレースをするには幾分不利な状況になった。この時点でクリーチャー数も 2 対 5 。仕方なく ≪ Chainflinger ≫に撃ち殺されるのを覚悟で≪ Krosan Avenger ≫を 2 体召還するが、森田の攻撃をブロックしなかったためライフが 3 に。そこへ飛んできたのは ≪ Chainflinger ≫の砲撃と≪ Flameburst ≫だった。

森田 2 - 0 加藤
森田 Wins



© 1995-2003 Wizards of the Coast, Inc., a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.
Wizards is headquartered in Renton, Washington, PO Box 707, Renton, WA 98057.

PRIVACY STATEMENT