Japanese Language Sideboard
Archives Table of Contents Event Coverage Question Mark Facts Book Fantasy Pro Tour Links

松尾悟郎 VS 東野将之

7 - 2 で迎えた第 10 戦再び Feature Match に招待された松尾と東野。
デッキは東野が Merfolk デッキ、松尾が塚本と同じ対青用にチューンされた Fires を使っており、松尾がやや有利か?。
前回 ( 初日のロチェスタードラフト ) の対戦では松尾が勝利したが今回の対戦はどうなるだろうか。

Game 1

初手先攻松尾の手札はやや重く少し展開が遅れるように見える。
対して東野は 3 ターン目にやや土地が停滞したもの 1 ターン目に出した 《 Merfolk of the Pearl Trident 》 が少しずつ松尾の Life を削っていった。
松尾もようやく手札が消化できるマナ域に達したが、その頃には東野の手札はカウンターで溢れており。
出すカード、出すカードをカウンターされ松尾は何も場に出せず既に場に出ていた 2 体の 《 Spiketail Hatchling 》 が松尾にとどめをさした。
塵も積もれば山になるものだ・・・。

松尾 0-1 東野

Game 2

松尾 Side in card 《 Obliterate 》 《 Kavu Chameleon 》 《 Boil 》 《 Hull Breach 》 《 Artifact Mutation 》 《 Simoon 》 いじめか?これでもかと言わんばかりに入る青対策カードの山々。
只でさえ、松尾のデッキはメインから 《 Yavimaya Barbarian 》 が入っておりキツイのだがさらに苦しい展開が予想される。
東野 Side in 《 Bribery 》 《 Hibernation 》 《 Glacial Wall 》 東野はこれら対 Fires 用 Side Card をしっかり引かなければおそらく敗北してしまうだろう。

Game 2 は前のデュエルと違い序盤から東野が 《 Static Orb 》 を置き松雄を縛ろうとすれば 《 Hull Breach 》 で割ろうとし、それを pich 《 Foil 》 でカウンターするといった激しい展開となった。
松尾が隙を見て 《 Yavimaya Barbarian 》 を出そうとするが東野が島を 0 枚にしながらも pich 《 Thwart 》 でカウンターする。
その後 《 Merfolk Looter 》 で引いてきた 《 Opposition 》 を出しロック完成に見えたがその寸前に、松尾が 《 Yavimaya Barbarian 》 を再び引当てた! 出てしまえばこっちのものと言わんばかりに猛威を振るう 《 Yavimaya Barbarian 》 東野に残された手は 《 Bribery 》 か 《 Hibernation 》 を引くしかないのだが東野の元に幸運の女神はやってこなかった・・・。

松尾 1-1 東野

Game 3

序盤から双方ともに展開するが大きな違いが一つあった。
それは Side Card を引いているか引いていないかという大きな差だった。
東野がまだカウンターを用意できていない間に立て続けにキャストされる 《 Yavimaya Barbarian 》 それに加え 5 割以上の確率で引いてしまうような状態では東野に勝ち目が無く、松尾が勝利を手にした。

松尾 2-1 東野



© 1995-2003 Wizards of the Coast, Inc., a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.
Wizards is headquartered in Renton, Washington, PO Box 707, Renton, WA 98057.

PRIVACY STATEMENT

Language
English
日本語