Email a friend Printer Friendly

Live Coverage of 2003 World Championship Japanese


Wednesday, August 6, 2003
 

岡本尋 世界選手権準優勝

3つのフォーマットで総計21回戦という持久戦。その途方もない戦いを終えた岡本尋は世界選手権準優勝に輝いた。

今や彼は日本人初となる世界選手権の決勝ラウンド進出者であり、そして、このシーズンで日本勢四人目となるツアー決勝ラウンド進出者である。彼がベルリンで見せてくれたパフォーマンスは実に華々しいもので、特に決勝Zink戦で4時間弱という長時間にわたってのコントロールデッキ・ミラーマッチを戦い抜いたことは特筆すべきだろう。

やはり、2001年世界選手権と2002年プロツアー・サンディエゴでタイブレイカーに敗れて日曜日に勝ち進めなかったという苦い経験を持つ岡本にとって、ツアー決勝日に勝ち残ることは最大の目標だった。ひたすらツアーをサーキットし続けてプレイヤーとしての地力を着々とつけていった岡本は...とうとうここベルリンでチャンスを摑みとったのだ。

また、ここベルリンでは大礒正嗣が戦前から確実視されていた新人賞受賞を実際のものとしたこともお伝えできる。大礒はシーズンを終えてアジア太平洋地域でトップというプロポイントを積み重ねたことになり、次なるマジック・インビテーショナルで戦う栄誉もあたえられることとなった。


Top 8 Final Standing

1.Daniel Zink (Germany) $35,000
2.Jin Okamoto (Japan) $23,000
3.Tuomo Nieminen (Finland) $15,000
4.Dave Humpherys (USA) $13,000
5.Jeroen Remie (Netherlands) $9,500
6.Peer Kröger (Germany) $8,500
7.Wolfgang Eder (Germany) $7,500
8.Gabe Walls (USA) $6,500

(Click here for individual final standings, and here for team standings)


Individual Top 8

Quarterfinals Semifinals Finals Champion
1 Tuomo Nieminen Tuomo Nieminen, 3-2
8 Gabe Walls Jin Okamoto, 3-1
4 Jin Okamoto Jin Okamoto, 3-0 Daniel Zink, 3-0
5 Peer Kröger
2 David Humpherys David Humpherys, 3-2
7 Wolfgang Eder Daniel Zink, 3-0
3 Jeroen Remie Daniel Zink, 3-1
6 Daniel Zink

National Team Finals

1 Team Finland Team USA, 2-1
2 Team USA

写真: Sunday | Saturday | Friday | Thursday | Wednesday
観戦記事 情報
組合 結果 順位 チーム
順位
Final Final
22
21
20
19
22
21
20
19
22
21
20
19
18
17
16
15
14
13
18
17
16
15
14
13
18
17
16
15
14
13
18
17
16
15
14
13
12
11
10
9
8
7
12
11
10
9
8
7
12
11
10
9
8
7
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
6
5
4
3
2
1
6
5
4
3
2
1
6
5
4
3
2
1


Sideboard Staff archive Sideboard Staff archive

What is Magic?
PRODUCTS
 
MAGIC ONLINE
 
2008 Regionals
MESSAGE BOARDS
RULES