Email a friend Printer Friendly

ラウンド 6: 岡本尋 vs Carlos Eduardo Romao

 

 ここまでの五戦を無敗で突き抜けた二つのサイカトグデッキ。
 初日不敗を誇るのは、はたしてどちらか。

Game 1

 土地二枚の初手をキープした岡本。《火+氷/Fire+Ice(AP)》を使用するも二枚で土地が止まる。これを手始めに、この試合の岡本は色々とツキが無い。

 ようやく 3 枚目の土地を入手した岡本だが、今度は初手からある《夜景学院の使い魔/Nightscape Familiar(PS)》を召喚するための黒マナが無い。ならばと《排撃/Repulse(IN)》を繰り返すが、今度は引いてくるスペルが重い呪文ばかりで、使い魔と《サイカトグ/Psychatog(OD)》を繰り出す相手と今一つかみ合わない。

 一度は、《火+氷/Fire+Ice(AP)》をアップキープに使用し、《激動/Upheaval(OD)》の使用を未然に防いだりしたものの、せっかく召喚した自身の使い魔は、サイカトグをチャンプブロックしなければならない始末。


アンラッキーマン ジン
 その間にも相手は手札の拡充を続け、二度の《狡猾な願い/Cunning Wish(JU)》で《嘘か真か/Fact or Fiction(IN)》、《枯渇/Mana Short(7E)》と持ってこられると...。

 次いってみよう。

  Carlos 1 - 岡本 0

Game 2

 勝たねばならない岡本の初手。

 《対抗呪文/Counterspell(MM)》
 《堂々巡り/Circular Logic(TO)》
 《夜景学院の使い魔/Nightscape Familiar(PS)》
 《チェイナーの布告/Chainer's Edict(TO)》
 土地 3 枚。となかなかの感じがしたが、しただけで終わる。続けざまとなる《強迫/Duress(7E)》で、使い魔を出してる間に、二枚のカウンターをもぎとられる。しかもその後のドローが延々と土地土地土地土地土地土地。


ラッキーマン Calros
 で、一方の Carlos が、《嘘か真か/Fact or Fiction(IN)》を使ってみれば、ぽろりとめくれる

 《嘘か真か/Fact or Fiction(IN)》《嘘か真か/Fact or Fiction(IN)》《綿密な分析/Deep Analysis(TO)》と二枚の土地。

 この状況で何をどうしろと。

 ブラフやら我慢やら真剣やら努力にも限りってのがあるもんで。
 ほどなく投了。

 Carlos 2 - 岡本 0


Carlos Romao
Psychatog
View a sample hand of this deck

Main Deck

60 cards

Cephalid Coliseum
Darkwater Catacombs
10  Island
Salt Marsh
Swamp
Underground River

24 lands


Nightscape Familiar
Psychatog

8 creatures
Chainer's Edict
Circular Logic
Counterspell
Cunning Wish
Deep Analysis
Fact or Fiction
Memory Lapse
Repulse
Upheaval

28 other spells


真木孝一郎 archive 真木孝一郎 archive

What is Magic?
PRODUCTS
 
MAGIC ONLINE
 
2008 Regionals
MESSAGE BOARDS
RULES