Email a friend Printer Friendly

Top 8 Profile:志木和政

 

去年、一昨年と日本選手権に参加し、そして今年やっと念願のベスト 8 に進出できた志岐和政。

インタビュー中も終始丁寧な口調で話を続ける彼だが、そのプレイングにはそんな印象など吹き飛ばされてしまいそうな勢いがある。

一昨年はアグロウォーター、去年はトリコロールビートダウン、そして今年はステロイドをプレイするというアグレッシブな彼、展開の早いデッキをプレイするにあたって重要なのが「引き(ドローの強さ)」である。

ある人は「若さが無いと出来ないこと」と言ったりするが、確かに今年の志岐には後押ししてくれる波のようなものがあるのかもしれない。

たとえば、第 11 ラウンドで藤田憲一(黒コントロール)と当たった時の 3 本目のエピソード。先手の藤田が《強迫/Duress》を撃ったときには落とすものは何も無く、次の志岐のドローが《たい肥/Compost》だった。そこから更に《たい肥》を 2 枚追加し、藤田に火力をたたきこんでトドメをさしていたのは非常に印象深い。

ちなみに、これまでの志岐の主な戦績はPTQ サンディエゴを優勝したくらい…と目立ったものではない。しかし、あの小宮忠義が優勝したのも 19 歳の頃だった。ふらっと予選を抜けて日本選手権に参加し、そのまま優勝をかっさらったあの「若さ」も含めた勝負強さは鮮烈だった。

はたして志岐は日曜日にどんな戦いを見せるのだろうか。
…小宮に続くことが出来るだろうか?

Kazumasa Shiki
2003 Japan Nationals Standard deck (4th in Swiss)
View a sample hand of this deck

Main Deck

60 cards

Forest
Karplusan Forest
Mossfire Valley
Mountain
Wooded Foothills

22 lands


Basking Rootwalla
Blistering Firecat
Grim Lavamancer
Llanowar Elves
Phantom Centaur
Wild Mongrel

19 creatures
Call of the Herd
Elephant Guide
Firebolt
Violent Eruption
Volcanic Hammer

19 other spells



松井健治 archive 松井健治 archive

What is Magic?
PRODUCTS
 
MAGIC ONLINE
 
2008 Regionals
MESSAGE BOARDS
RULES