Email a friend Printer Friendly

Top 8 Profile:前川徹

 

この日本選手権で彗星のように登場した前川。

マジック歴は長く第四版の日本語が発売した時から始めたとのことであり、今までこれといった成績は上げてはいないが長年に蓄積された実力がこの大舞台にて花開いたのであろう。ちなみに23歳の学生とのことで、やはり時間を多く使える学生であることも実力の向上に影響しているのだろう。

・日本選手権でのスタンダード

前川のデッキは東海地区選手権予選突破者のデッキリストの中で一番目を引くデッキだったことには疑いない。彼の《新緑の連続/Verdant Succession》デッキは普段見かけることの無い《ワイアウッドの野人/Wirewood Savage》《疑い深い濃霧獣/Leery Fogbeast》などが入っておりその異質な構成に驚かされた。

前川は強いファンデッキを好むと言っており今回の本戦にも「自分で作ったデッキで出場したい」と予選を抜けたこのデッキの自力に命運を託する。

前川は初日のスタンダードでは1-2してしまうが2日目は2-0-1してベスト8に残ることに成功する。

・日本選手権でのロチェスター

前川が今回トップ8に残れた要因がこのロチェスターにあった。前川は1-2からこのロチェスターで6-0することに成功している。

本人に6-0できた要因を聞いてみると自分の色を決めた後は「徹底的にその色しかとらない」という協調ドラフトをしたおかげだろう。彼の2回のデッキは白赤、白黒であり、スカージが入り強化された白を中心にドラフトをしているのも大きな理由の一つに違いない。

・3日目への意気込み

前川に決勝トーナメントへの意気込みを聞いてみると、「やれるだけはやる」との謙虚なコメントではあったが…昨今のいわゆるトーナメントデッキではない前川の《新緑の連続》デッキが日本の頂点に立つことができるのだろうか?

彼が準々決勝で当たるのは熱田のステロイド。比較的相性がいいだけに期待がもてるところである。

Tooru Maegawa
2003 Japan Nationals Standard deck (7th in Swiss)
View a sample hand of this deck

Main Deck

60 cards

Brushland
City of Brass
Contested Cliffs
Forest
Karplusan Forest
Mossfire Valley
Mountain
Plains
Windswept Heath
Wooded Foothills

23 lands


Anurid Brushhopper
Birds of Paradise
Gurzigost
Leery Fogbeast
Ravenous Baloth
Wirewood Savage

20 creatures
AEther Charge
Call of the Herd
Living Wish
Verdant Succession
Wild Growth
Worship

17 other spells



長岡崇之 archive 長岡崇之 archive

What is Magic?
PRODUCTS
 
MAGIC ONLINE
 
2008 Regionals
MESSAGE BOARDS
RULES