Email a friend Printer Friendly

ラウンド 7: 平林 和哉 vs. 森 勝洋

 

2 日目は昨日に引き続いてのロチェスターからスタート。

緒戦のフィーチャーマッチに選ばれたのは、構築専門のスペシャリストからリミテッダーへと転身しつつある平林と、マスターズチャンピオンである森の対戦だった。

森のデッキはお世辞にも強いデッキからかけ離れた構成になっており、試合開始前からしきりに平林へ ID を要求している。ロチェスターというフォーマットの性質上、お互いがデッキの内容を細かいところまで熟知しているからだ。

だが、綺麗な白青をドラフト出来た平林はこれを拒否し、ラウンド 7 が開始することに。

Game 1

先手平林。

2 ターン目の《エイヴンの遠見/Aven Farseer》から変異を展開。対する森も変異を 2 枚場に放つ。

そこからまずは平林が《エイヴンの遠見》で先制攻撃をかけ、森の変異攻撃もこちらの変異クリーチャーでブロックし、それを表替すと《エイヴンの解放者/Aven Liberator》。

森も負けじと変異を表がえすとこちらも《毒噴きブラッカス/Venomspout Brackus》と、白青の平林に対して非常にメタったカードを提示。

攻撃の手を止めざるおえなくなった平林は、落ち着いてマナを貯めてから《運命をかたどるエイヴン/Aven Fateshaper》を出し、次ターンに《流れ込む知識/Rush of Knowledge》をキャストして 7 枚ドロー。

場の不利を無理なドローで一気に覆す作戦はおおよそ成功か、戦略を立てるに十分なカードを手に入れ、細かなクリーチャー軍を展開し、更に《流れ込む知識》をキャストして 7 枚ドロー。

それを気に、持てる飛空軍団を場に展開し、《ダールの戦長/Daru Warchief

その間に森の場に並べられた《針撃ちゴルナ/Needleshot Gourna》 2 体なども物ともせず特攻し、森にダメージを与える。

だがそれでも森の残りライフは 6 と、これを平林は削りきらないといけないのに対し、森は、平林が 2 回の《流れ込む知識》のキャストにより、残り 4 枚となったライブラリが尽きるのを待つだけで勝利する道さえ見えてきたのだ。

場が膠着し、進んでゆくターン。

平林が冷静に場の計算を始めるが、ダメージが少々足りないようで、考えた結果、とりあえず《運命をかたどるエイヴン》の能力でライブラリをチェックし、最後の飛行クリーチャーを場に放ち、森が何も持っていなければ勝利と、総攻撃をかける。

対抗策をもたなかった森はそのまま投了。

平林 1 - 0 森

Game 2

平林がマリガンし、森の先手から始まる 2 本目。

3 ターン目に森が《ワイアウッドの野人/Wirewood Savage》を呼び、そこからビースト軍団を 1 枚ずつ場に放ち、確実にアドバンテージを得ていく。

対する平林は、いびつな手札ながらも、マリガン後だけに始めなければいけない手札からゲームを展開していくが、《ワイアウッドの野人》 1 枚のせいで、確実に手札と場に差がついていく。

その溝はもう完全に埋まらないものとなり、森が引いた《炭化/Carbonize》を平林の本体に叩き付けて終了。

 

平林 1 - 1 森

Game 3

正念場の 3 本目。
残り 10 分を切り、お互い今まで以上のスピードでゲームを開始。

 

後手の森が《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》から、変異、《ワイアウッドの野人》と続け、《ゴブリンの乱伐者/Goblin Clearcutter》から《テフラダーム/Tephraderm》と、森のデッキのパワーゾーンを一気に展開する事に成功。

平林も白青お得意の軽量ビートダウンから、《陽光の香油/Sunfire Balm》などを使って森の攻撃をのらりくらりとかわすが、どうにも《テフラダーム》が止まらない。

 そこへ《ダールの戦長/Daru Warchief》と《カタパルト兵団/Catapult Squad》を中心とする防御網を敷くことが出来たおかげで、森の攻撃の手を止めることが出来た。しかし、そこで無情にもタイムオーバー。

膠着した状況からわずか5ターンの延長時間で勝負がつくわけもなく、 引き分けが決定した。

Final Result : 平林 1 - 1 森 



松井健治 archive 松井健治 archive

What is Magic?
PRODUCTS
 
MAGIC ONLINE
 
2008 Regionals
MESSAGE BOARDS
RULES