Email a friend Printer Friendly

ラウンド4: 藤田 憲一 vs 石原 準

 

ドラフト巧者としてGameぎゃざでも連載記事を持っている藤田憲一に対するのは九州の強豪の石原準。彼も今シーズンのプロツアーで結果を残している1人であり、GP九州でもベスト4に入っている強豪である。それだけに面白そうな勝負が期待できそうと思っていたのだが、藤田はデッキが弱すぎると不平不満をもらしている。

はたしてこの勝負の行方はどうなるのだろうか。

Game1

先行の藤田は変異、石原は《ワイアウッドの守護者/Wirewood Guardian》をサイクリングから変異と展開。藤田が変異で攻撃すると、石原の変異は《ゾンビの殺し屋/Zombie Cutthroat》へと表がえり藤田は渋い顔。さらに石原は《幽体スリヴァー/Spectral Sliver》《森林守りのエルフ/Timberwatch Elf》と追加する。

藤田は山しかなく《森林守りのエルフ》こそ《乱射/Scattershot》するが変異を1体呼んだ後は何も唱える事ができないが石原も土地が3枚でストップして後続が続かない。が盤面は《幽体スリヴァー》《ゾンビの殺し屋》対変異と有利なので攻撃する。

しかし返しの藤田の変異の攻撃を通すと変異が《スカークの火山使い/Skirk Volcanist》へと表がえり…さらに《猛士の襲撃/Commando Raid》も加えて除去に成功。さらに島を引けた藤田は変異、《テフラダーム/Tephraderm》と呼んで攻勢に転換する。

石原は《長引く死/Lingering Death》で《テフラダーム》は除去できたが、変異が《霧衣のウミツバメ/Mistform Seaswift》となり…握っていた《怒髪天/Enrage》で勝利。

石原のランドは最後まで3枚だった。

藤田 1-0 石原

Game2

石原は《屍肉喰らい/Carrion Feeder》、《岩石樹の発動者/Stonewood Invoker》《幽体スリヴァー》、藤田は《沿岸の見張り/Coast Watcher》、変異、《霧衣のウミツバメ》と出す。

石原が《屍肉喰らい》と相性のいい《共生するエルフ/Symbiotic Elf》を出した返しで藤田は長考の末《冠毛の岩角獣/Crested Craghorn》、《霧衣のウミツバメ》で攻撃し変異で置いていた《スカークの火山使い》も使って《共生するエルフ》《屍肉喰らい》を除去し、《幽体スリヴァー》も《猛士の襲撃》で除去する。

ここまでは藤田のペースで進んでいたが、《霧衣のウミツバメ》がマナの無い時に《残酷な蘇生/Cruel Revival》されてしまい《針撃ちゴルナ/Needleshot Gourna》《エルフの騎手/Elven Riders》と追加されると藤田は戦線を維持できず…石原が2本目を取り返す。

藤田 1-1 石原

Game3

藤田は《沿岸の見張り》、変異と出し、石原も変異を出し返す。

藤田のターンに藤田は両方のクリーチャーで攻撃するがまたも石原の変異がダメージスタック後に《ゾンビの殺し屋》となり、藤田は小考して自分の変異(《残響の追跡者/Echo Tracer》)を表向け、自身を戻すことにする。

石原は《屍肉喰らい》《森林守りのエルフ》を呼び、次のターンにも《樺の知識のレインジャー/Birchlore Rangers》《共生するエルフ》と呼び押し切ろうとする。

もう地上の戦線は支えきれなくなりそうなので…藤田は《霧衣のウミツバメ》さきほど戻した《残響の追跡者》を変異と呼び先に石原のライフを削りきろうとする。

石原は《ドラゴンの牙/Dragon Fangs》を《共生するエルフ》につけ総攻撃するが、《残響の追跡者》がいるので藤田のライフは削り切れない。

返しのターンに藤田が《怒髪天》を全開で打つと…ちょうど石原のライフは0になった。

Final Result: 藤田 2-1 石原



長岡崇之 archive 長岡崇之 archive

What is Magic?
PRODUCTS
 
MAGIC ONLINE
 
2008 Regionals
MESSAGE BOARDS
RULES