Email a friend Printer Friendly

Round 11: 黒田 正城 vs. 浅原 晃

 

日本選手権ももう佳境。すでにベスト8を決めている人も出だしている中、最後のふるいにかけられるは、黒田正城と浅原晃。このデュエルに勝ち残ったほうは最終戦にも勝利することで、ベスト8に残れる可能性が残されている。

緊迫してきたこの状況。生き残るのはどちらか。

Game 1

ダイスロールで勝った浅原が先手を選択。《炎の稲妻/Firebolt》《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》と、スペルは軽いものぞろいだが、山1枚のみの初手をマリガン。新しく取った手札6枚をキープし、森を置いて《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》、次ターン《渋面の溶岩使い》と展開。

黒田は《真鍮の都/City of Brass》から《野生の雑種犬/Wild Mongrel》を。

そして、浅原が《蛮族のリング/Barbarian Ring》から《獣群の呼び声/Call of the Herd》を追加したところで、黒田の土地が2枚で止まる。しかたなく再度《野生の雑種犬》を呼び、防御体制を整える。

手札が少なく、安易に戦力を減らすわけに行かない浅原は、《獣群の呼び声》フラッシュバックで、攻撃態勢を整える。

次ターンも土地を追加できず、何もできずターンを返す黒田に対し、浅原はさらに《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》と、《焦熱の火猫/Blistering Firecat》を変異で。

黒田はターンエンドに《霊気の噴出/AEther Burst》で象を一体除去するも、次のターンも土地を引けず、再度ターンを返す。しかし、浅原もさきほどの《霊気の噴出》が気になって、非常に行動がとりづらい。現在の場は圧倒的に有利だが、もし黒田の手に《霊気の噴出/AEther Burst》があった場合クリーチャーが2個バウンスされるため、手札の《象の導き/Elephant Guide》も貼りづらく、攻撃もしづらい。

そこで浅原がとった行動は、象トークン、変異、《日を浴びるルートワラ》での攻撃。《日を浴びるルートワラ》と変異がそれぞれ《野生の雑種犬》にブロックされ、赤赤マナをつぎ込み、変異が表に。残った緑緑をワラにつぎこむが、黒田は《日を浴びるルートワラ》をブロックしたほうの《野生の雑種犬》を2度パンプ。

捨てたのは《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》と《獣群の呼び声》。そして、この攻撃は7点を黒田に与え、ライフは9に。

黒田のターン・・・引かない。何もせずに、力なくターンを返す。

先の攻撃で攻め手をほとんど失った浅原だが、黒田のライフは残りわずか。
手札に《激発/Violent Eruption》《火山の鎚/Volcanic Hammer》を持ち、ターンを返す。

そして、相変わらず土地を引かなく、《極楽鳥/Birds of Paradise》を出すことしかできない黒田に、ターンエンドに《激発/》で本体に4点。

メインフェイズでの《火山の鎚》と《渋面の溶岩使い》が黒田のライフを削りきった。

浅原 1-0 黒田

Game 2

黒田先行。

先ほどと違い3枚の土地に恵まれるが、ほかの手札が《堂々巡り/Circular Logic》《幻影のケンタウロス/Phantom Centaur》2枚、《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》と、

とにかくスペルが重い。《野生の雑種犬》がいれば申し分ないのだが…。

長考の末このハンドをキープすると、浅原再度マリガン。6枚になった手札をキープ。

お互いにフェッチランドを置く立ち上がりから、黒田の最初のドローがありがたい


マナ加速《ラノワールのエルフ》しかし、これは《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》2枚を中継しての《火山の鎚》で除去される。黒田は島を置くだけでターンを返すが、浅原の、三度起動される《樹木茂る山麓》からの《野生の雑種犬》を《堂々巡り》。浅原は《極楽鳥》も追加。

そして黒田、待っていた4マナ圏に突入。《幻影のケンタウロス》を送り出し。

これに応えるは、浅原の《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter》。

黒田の《幻影のケンタウロス》の攻撃は本体に通し、5点が削られるが、次ターンからは射撃準備完了。しかし、黒田も《幻影のケンタウロス》2体目を追加。一気に押し切ろうとするが、なんと浅原も《ゴブリンの名手》2体目。《炎の稲妻》で、片方の《幻影のケンタウロス》のトークンを1つ削り、着々と射撃準備を。

黒田は《綿密な分析/Deep Analysis》を打ち、2体で攻撃。一体がさらに射撃され、サイズが縮むも、浅原に7点が入り、ライフ残り4。

さらに《野生の雑種犬》を追加し、次のターンにはワームを戦線に投入する準備。

そして浅原のメイン。火力準備ok。一斉射撃開始。まず、3/1になっている《幻影のケンタウロス》を射撃。これが墓地に落ちると同時に2体の名手がアンタップ。そして次に《火山の鎚》対象は《犬》。ここで黒田、長考、計算の後、そのまま墓地に落とす。そして、《名手》のアンタップする効果をスタックにのせ、残った《ケンタウロス》を連続射撃。2体の《名手》は再度起き上がり、次なる獲物を待つ。

そして黒田のターン。中途半端なクリーチャーは出しても意味がない。
《綿密な分析》をフラッシュバックし、引いてきた《藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper》を場に送る。こいつなら、よほどのことがない限り「墓地に落ちる」ことはない。

そして、何もせずに浅原が返してきたターンに攻撃。手札は5。

浅原の《藪跳ねアヌーリッド》に対する回答は・・・念のため《極楽鳥》でブロック後、《激発》でアヌーリッドに4点。これを、当然《極楽鳥》《ワームの咆哮》を捨てることで能力を起動。回避し、そのまま《ワームの咆哮》をフラッシュバック。《雑種犬》をも戦線に投入。撃ち殺せるものなら撃ち殺してみろと。

そして浅原のメインフェイズ。まずはフラッシュバック《炎の稲妻》対象《野生の雑種犬》。

黒田は、これを1点パンプすることで耐えるが、そこに名手の射撃が打ち込まれる。

ここでのブーストはせず、毎度おなじみの、《名手》が起きる効果をスタックして《藪跳ねアヌーリッド》に1点。そのままでは1点足らないため、《名手》は、浅原の《極楽鳥》を撃ち殺し、
効果をスタックして《藪跳ねアヌーリッド》をも撃ち殺す。

しかし、6/6の化け物はさすがの名手も、体をはってとめることしかできず、最後には、黒田の《荒れ狂う夢/Turbulent Dreams》で、それすらも許されず、浅原は打ち倒された。

浅原 1-1黒田

Game 3

先手浅原は初手をキープ。
黒田の初手は、フェッチランドが2枚に、《霊気の噴出》、そして《獣群の呼び声》2枚、《ワームの咆哮》《綿密な分析》と、フラッシュバックたんまり。小考の後、これをマリガン。

マリガン後は土地4、《野生の雑種犬》《霊気の噴出/》と、まぁ平均的なハンドをキープ。 
浅原は《カープルーザンの森/Karplusan Forest》から《ラノワールのエルフ》>エルフ攻撃、《樹木茂る山麓》起動、《野生の雑種犬》という立ち上がり。
黒田も、フェッチランドを2枚起動から《野生の雑種犬》を出してこれに応える。
黒田はドローが2連続《野生の雑種犬》で、手札にさらに2枚の犬を持つ状態。

浅原はためらわずに《犬》で攻撃。黒田はこれを《犬》でブロック。そして激しいパンプ合戦が始まる。ダメージスタック前に浅原が《日を浴びるルートワラ》を捨ててパンプ。
当然マッドネスで場に。黒田も《犬》を捨てて犬をパンプ。

浅原はさらに《幻影のケンタウロス》を捨ててパンプ。黒田もさらに島を捨てる。
現在お互い4/4の状態。ここで浅原が、「何もしません」と、ダメージがスタックに乗る。
そして浅原は《渋面の溶岩使い》。黒田は《霊気の噴出》捨てて、双方生き残らせる。

ここで浅原は《ゴブリンの名手》。黒田も、返しのターン煮《野生の雑種犬》2体目を
追加するが、《名手》の召還酔いがとけると、まともにクリーチャーのぶつかり合いができなくなるため、今のうちに1体で殴り、浅原のライフを削る。

そして浅原の攻撃。当然ブロックできず、黒田のライフ14に。そして《焦熱の火猫》を
変異状態で追加。

そして黒田は《藪跳ねアヌーリッド》を追加するも、手札が1のためこれはただの3/4。そして浅原の総攻撃。これを全部ブロックすると、《ゴブリンの名手》によって
クリーチャーが皆殺しになる状態だが、中途半端なブロックでも自体は同じ。

だからといってスルーできる程ライフに余裕があるわけでもない。非常に難しい状態。

黒田も、カードを並べ変え、さまざまなシミュレートをしつつ、最善の方法を考える。

そして、《日を浴びるルートワラ》を《野生の雑種犬》2体でブロック、浅原の《野生の雑種犬》を《藪跳ねアヌーリッド》でブロックすると、浅原はまず赤赤緑1と、4マナを出し、《焦熱の火猫》が表に。そして残ったマナを《日を浴びるルートワラ》に。

《ルートワラ》のダメージは2点1点と割り振り、黒田の反応を待つ。そしてダメージは解決し、狩りの時間が始まる。《名手》が黒田のクリーチャーを乱射。黒田の場には1体のクリーチャーも残らず、黒田のライフを4まで削り取る。

そしてクリーチャーを補充できない黒田の場を《エルフ》が殴り、ライフが3。

《渋面の溶岩使い》を出された時点で黒田は投了。2戦目は負けたとはいえ、攻めに守りに
《ゴブリンの名手》が大活躍した勝負となった。

浅原 wins 2-1

Masashiro Kuroda
2003 Japan Nationals Standard deck
View a sample hand of this deck

Main Deck

60 cards

City of Brass
Forest
Island
Plains
Skycloud Expanse
Windswept Heath

23 lands


Anurid Brushhopper
Birds of Paradise
Llanowar Elves
Phantom Centaur
Wild Mongrel

17 creatures
AEther Burst
Call of Herd
Circular Logic
Deep Analysis
Quiet Speculation
Ray of Revelation
Roar of the Wurm
Upheaval

20 other spells

Akira Asahara
2003 Japan Nationals Standard deck
View a sample hand of this deck

Main Deck

56 cards

Barbarian Ring
Forest
Karplusan Forest
Mossfire Valley
Mountain
Wooded Foothills

23 lands


Basking Rootwalla
Birds of Paradise
Blistering Firecat
Grim Lavamancer
Llanowar Elves
Phantom Centaur
Rorix Bladewing
Wild Mongrel

21 creatures
Elephant Guide
Firebolt
Violent eruption
Volcanic Hammer

12 other spells



百瀬 和之 archive 百瀬 和之 archive

What is Magic?
PRODUCTS
 
MAGIC ONLINE
 
2008 Regionals
MESSAGE BOARDS
RULES