Email a friend Printer Friendly

ラウンド10: 鹿田 暢亮 vs. 志岐 和政

 

この10回戦からは再びスタンダードとなる。そして、ここまで7-2とトップ8を充分狙える位置にいる鹿田と志岐との対戦。鹿田は黒単のゾンビデック、志岐のほうはステロイドと相性では志岐のほうがやや有利か。

Game 1

先攻は志岐、志岐は3ターン目に《獣群の呼び声/Call of the Herd》とステロイドにしては遅いスタート、鹿田は《定員過剰の墓地/Oversold Cemetery》《腐れ肺の再生術師/Rotlung Reanimator》と出す。

志岐は《腐れ肺の再生術師》に《炎の稲妻/Firebolt》を打ち《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》も加える。鹿田は《墓生まれの詩神/Graveborn Muse》をだすが、これにも《火山の鎚/Volcanic Hammer》が降り注ぎ、《野生の雑種犬/Wild Mongrel》《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》と加えられる。

ここで《もぎとり/Mutilate》でもあれば違うのだが鹿田が唱えたのは《陰謀団の執政官/Cabal Archon》これでは志岐の軍勢を防げるはずもなく《炎の稲妻》で除去されゲームセット。

鹿田 0-1 志岐

鹿田はタフネス1の《腐敗を導く者/Shepherd of Rot》、《催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend》と抜き、《チェイナーの布告/Chainer's Edict》《仕組まれた疫病/Engineered Plague》《もぎとり》を追加する。

Game2

鹿田は《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》からスタートするがこれは《炎の稲妻》で除去される。出てきた《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》を《仕組まれた疫病》で始末し《腐れ肺の再生術師》を出す。志岐は《獣群の呼び声》を出し《腐れ肺の再生術師》は《火山の鎚》で始末。

しかし、次のターンも鹿田は《腐れ肺の再生術師》を加える。志岐は《獣群の呼び声》をフラッシュバックで唱える。鹿田は《萎縮した卑劣漢/Withered Wretch》を呼び墓地の《炎の稲妻》をリムーブするが次の志岐の攻撃時に象トークンを2体でブロックしようとすると《激発/Violent Eruption》を飛ばされ志岐の象トークンをとめることができない。

志岐の方はさらに《獣群の呼び声》を加えていく。鹿田も象トークンに《堕落/Corrupt》を撃ち耐えようとするが次々とフラッシュバックされる象を除去しきれず志岐がこのマッチを制する。

鹿田 0-2 志岐

Final Result: 鹿田 0-2 志岐

Nobuaki Shikata
2003 Japan Nationals Standard deck
View a sample hand of this deck

Main Deck

60 cards

23  Swamp
Unholy Grotto

24 lands


Cabal Archon
Graveborn Muse
Mesmeric Fiend
Nantuko Shade
Rotlung Reanimator
Shepard of Rot
Withered Wretch

25 creatures
Corrupt
Mutilate
Oversold Cemetery
Smother

11 other spells

Kazumasa Shiki
2003 Japan Nationals Standard deck
View a sample hand of this deck

Main Deck

60 cards

Forest
Karplusan Forest
Mossfire Valley
Mountain
Wooded Foothills

22 lands


Basking Rootwalla
Blistering Firecat
Grim Lavamancer
Llanowar Elves
Phantom Centaur
Wild Mongrel

19 creatures
Call of the Herd
Elephant Guide
Firebolt
Violent Eruption
Volcanic Hammer

19 other spells



長岡崇之 archive 長岡崇之 archive

What is Magic?
PRODUCTS
 
MAGIC ONLINE
 
2008 Regionals
MESSAGE BOARDS
RULES