スカージコモンTOP5



はじめに

ついに発売されたオンスロートブロック最後のエクスパンション「スカージ」。皆さんもすでにその可能性に触れていることだろう。今回はその登場が今後ドラフトシーンにどのような影響を与えていくのかを見ていきたいと思う。まずはドラフトで一番お目にかかるコモンについて、その色別TOP5をあげていこう。なお、ここにあげる順番はブースタードラフトを念頭に置いたものであり、また、そのときのドラフトのテーマによって多少の順番が入れ替わることに注意していただきたい。特にオンスロートブロックは部族に特化したシリーズであるため、ある一定の種族がその他の種族よりも優先されることはめずらしくない。

クリーチャーの質が上がり、より攻撃に転じやすくなった白。さらにコモンで《火花鍛冶/Sparksmith》への対抗手段を手に入れたことでより活躍の機会が期待される。デッキタイプはクレリックとソルジャーの2方向に別れることになるとは思うが、カード自体の単純な強さでTOP5を挙げていこうと思う。

Sparksmith

もはや彼の存在におびえることはない

1位
《盲信の審問官/Zealous Inquisitor》
その昔テンペストブロックに《コーの詠唱/Kor Chant》というその環境でのTOPカードが存在した。このクリーチャーにはそれが起動型能力として備わっている。マナさえ整っていればこれ1体で場を制することもあり、膠着状態になっても強い数少ないカードである。

2位
《最前線の策士/Frontline Strategist》
ついにこの環境に登場した歩く《濃霧/Fog》。ダメージレースを優位に展開できるだけでなく、自分の場に兵士がいる場合は一方的な虐殺をも生む。

3位
《気高き院僧/Noble Templar》
序盤の土地確保、後半のヘビーヒッターとして土地サイクリング能力を持ったクリーチャーは全体的に強いといって良いだろう。特にこのクリーチャーの堅さはハンパがなく、兵士とクレリックの二つの種族を持っている点も評価が高い。

4位
《エイヴンの遠見/Aven Farseer》
一つカウンターが乗るだけで平均的なフライングクリーチャー。それ以降は巨大なクリーチャーへと成長していく。マナコストが軽く展開も速いため便利。特に《詐欺の壁/Wall of Deceit》《残響の追跡者/Echo Tracer》《悪戯なクェイナー/Mischievous Quanar》と、青のカードと相性がよい。

5位
《エイヴンの解放者/Aven Liberator》
タフネス3の飛行クリーチャーは重要。素で出して殴ることのほうが多いように思われるが、変異能力のプロテクションもかなり使える。

オンスロートのときに最弱と呼ばれ、レギオンで優秀な飛行クリーチャーとバウンス能力を得たことで評価の高まった青。今回はスカージ最強のコモン《流れ込む知識/Rush of Knowledge》を有し、青のデッキを補完するためのパーツを多く持つ。青使いにとってはよりデッキを洗練させるチャンスを得たといって言い。以下が青のコモンTOP5である。

1位
《流れ込む知識/Rush of Knowledge》
ドローすることは最も簡単なアドバンテージ確保の一つである。1枚のカードで得られる枚数が多ければ多いほど優位に立てるのは明らかで、このカードは5枚程度のカードをもたらしてくれることになるだろう。《集中/Concentrate》《部族の団結/Tribal Unity》に比べても遜色なく、まさに最強のコモンカードと呼ぶにふさわしい。

Rush of Knowledge

3色目でも欲しいカード筆頭

2位
《凍結/Frozen Solid》
青の貴重な除去スペル。タップ状態のクリーチャーにつけるのが望ましいが、生かしておいてはいけないクリーチャーにつけて、挑発で殺してしまうのもまた一手である。

3位
《海辺のレインジャー/Shoreline Ranger》
土地サイクリング能力つきクリーチャー。このシリーズの中ではそれほどコストパフォーマンスのよいほうではないが、それでもタフネス4のフライングクリーチャーであり、兵士である点も評価できる。

4位
《レイヴンギルドの信徒/Raven Guild Initiate》
青の基本戦術、"飛行で殴って地上を止める"ために必要なカード。殴れる《霧衣の壁/Mistform Wall》だと思えばいいだろう。また、変異能力を使えば一度ダメージスタックしたあとなどの鳥を回収できる。鳥さえ入っていれば無色の変異であるため、青くないデッキに入れて相手の予想を裏切る動きも可能。

5位
《分散の盾/Dispersal Shield》
この環境でまともに使えるカウンター呪文。特に後手で相手のファーストアクションである変異をカウンターできることが偉大。

黒にはコモンに強力なカードが多数存在する。むしろほぼ全てのカードがデッキに入る強さを持っていると言っていい。もちろん次にあげるTOP5はその中でも群を抜くものであるが、このリスト外のもので後述する赤や緑のTOP5カードよりも強力なものが多数存在する。

1位
《よじれた嫌悪者/Twisted Abomination》
土地サイクリング能力を持ったシリーズの中でも群を抜いて優秀な、巨大な再生能力つきクリーチャー。その戦闘シーンでの支配力はすさまじく、たとえメインカラーでなくても沼1枚とこのカードだけをタッチで入れるまである。

Twisted Abomination

コモンならざる破格のコストパフォーマンス

2位
《ゾンビの殺し屋/Zombie Cutthroat》
まさに3マナ3/4アーティファクトクリーチャー。序盤の変異戦で圧倒的優位に立てるだけでなく、どの色のデッキにも入ってしまうほど強力なクリーチャー。むしろ赤や緑をやっているときにファーストピックに値する。

3位
《ドラゴンの影/Dragon Shadow》
ドラゴンエンチャントのシリーズの中で最強のカード。突破力の薄いデッキ、膠着しやすいデッキと特に相性がよく、序盤のダメージクロックから後半のフィニッシャーまで幅広く活躍する。黒緑をやる上では必須パーツ

4位
《すがりつく不死/Clutch of Undeath》
残酷な蘇生ほどの効果はないものの、除去として十分な効果を発揮してくれる。たまに自分のゾンビにつけるときがあるので、除去することばかりに気をとられないよう。

5位
《長引く死/Lingering Death》
システムクリーチャーにつけるのが一番効果的な除去。相手の攻撃クリーチャーにつけると一度殴られることを覚悟しなければならないのが難点。除去できるまでにタイムラグがあるので、その間にエンチャントを外されることがたまにある。

赤は不遇だ。それもこれもオンスロートの赤が強すぎたせいにあるのだが、代わりに入ってくるのがこのカード群となると不遇といわざるを得ない。以下がそのリストである。 

1位
《火炎流/Torrent of Fire》
《狙いすましたなだれ/Pinpoint Avalanche》の劣化版。パーマネントを展開した後でしか使えないために使い勝手はあまりよくない。特に期待していた点数を持つパーマネントを除去されると目も当てられない。しかし本体に点数を入れられる点は評価でき、赤緑では有効に活用されるとおもわれる。

2位
《黒焦げ牙のクーガー/Chartooth Cougar》
土地サイクリング能力つきクリーチャー。そこそこサイズのあるビーストで、パンプ能力があるため、回避能力や先制攻撃をつける手段があれば強力なフィニッシャーとなりえる。

3位
《乱射/Scattershot》
幸運を祈るもの、火花鍛治といったシステムクリーチャーを除去できるだけでなく、相手の出した変異をその場で除去するのに役立つ。

4位
《骨茨のヴァレスク/Bonethorn Valesk》
サイズ的には平均的なものを持っているので、能力を1回でも発揮できればもうけものと考えればいいだろう。

5位
《火花のしぶき/Spark Spray》
腐っても1点火力であり、サイクリングがついている分評価が出来る。

緑には何もない。緑をやっているプレイヤーはレギオンまででデッキを完成させておく必要がある。スカージは緑以外の色の補完をするための色といってもいいだろう。緑のカードのコモンTOP5は以下の通りである。

Zombie Cutthroat

緑の最強カード?

1位
《促成の突然変異/Accelerated Mutation》
緑のクリーチャーを考えれば+5/+5程度は可能なカード。簡易版の《樫の力/Might of Oaks》と考えればよいだろう。

2位
《ワイアウッドの守護者/Wirewood Guardian》
土地サイクリング能力を持ったクリーチャー。クリーチャーの能力、サイズとしてはきわめて普通で、コストがダブルシンボルなのもいただけない。

3位
《ドラゴンの牙/Dragon Fangs》
序盤のクリーチャー強化、後半の大型クリーチャーの回避能力として有用。

4位
《剛力のブルヴァックス/Titanic Bulvox》
《そびえ立つベイロス/Towering Baloth》のコモン版。トランプルがついている代わりにタフネスが下がっており、死に易くなってしまっている。

5位
《激情の共感者/Fierce Empath》
6マナ以上のクリーチャー専用チューター。デッキに《戦慄をなす者ヴィザラ/Visara the Dreadful》《クローサの拳カマール/Kamahl, Fist of Krosa》《怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath》といったエンドクリーチャーが入っていれば入っているほど評価は高まる。また、土地サイクリング能力を持ったカードは全てコストが6以上のため、土地の補充が必要な際に役立つこともある。

以上が各色のコモンTOP5カードである。何度も経験を積むことでこのリストに多少の変更が加わることもあるだろうが、おおむね間違いはないであろう。

見て分かるように黒がずば抜けて強く、赤と緑にほとんど見るものがないという明確な色の格差が生まれてしまっている。そのためドラフトを進めるうえでプレイヤーにはより戦略性が重要になってくる。赤と緑はレギオンまでで取っておかなければならないし、逆に黒はスカージだけでも十分に取れるということだ。それに加えて両隣からそのカードが流れてくるような状況を作り上げておかなくてはいけない。より考えたドラフトをして自己のレベルアップを目指そう。

それでは次回アンコモン編でお会いしましょう。



1995-2007 Wizards of the Coast, Inc., a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved. Wizards is headquartered in Renton, Washington, PO Box 707, Renton, WA 98057.