9 月版 DCI 禁止/制限カードの発表

DCI 禁止/制限リストの変更

2003 年 9 月 1 日告知
2003 年 10 月 1 日から有効

スタンダード

変更なし

エクステンデッド

《ゴブリンの従僕/Goblin Lackey》が禁止
《納墓/Entomb》が禁止
《大あわての捜索/Frantic Search》が禁止

オンスロート・ブロック構築

変更なし

タイプ 1

変更なし

タイプ 1.5
(タイプ 1 で禁止/制限リストに入っているカードはタイプ 1.5 では禁止)

変更なし

 以下はマジック開発部からの説明です。

禁止カード

《ゴブリンの従僕/Goblin Lackey》
 エクステンデッド構築フォーマットは、速くなりすぎました。その責任の一端はゴブリンデッキにあり、その中でも《ゴブリンの従僕/Goblin Lackey》が最も問題となります。オンスロート・ブロック(特にスカージ)の導入により、ゴブリンデッキには非常に良質のゴブリンが加わることとなり、それらを《ゴブリンの従僕/Goblin Lackey》の能力によりタダで出してしまうことは、1 ターン目のクリーチャーととしては非常に強すぎるのです。

《納墓/Entomb》

 《納墓/Entomb》は 1 ターン目の行動としては強力すぎ、このフォーマットを高速にし過ぎてしまっています。《納墓/Entomb》はリアニメーターデッキにとっては“教示者”として働き、好きなカードを墓地に落とした上で、非常にすばやく簡単に場に出してしまう助けとなっています。これは 1 マナ呪文としては単純に強すぎます。

《大あわての捜索/Frantic Search》
 ここ数年で、我々はウルザ・ブロックの “フリースペル”が間違いであったという結論に達しています。この種類の呪文はコンボデッキにたびたび登場し続け、ほんの数ターンでコンボをスタートさせて勝利に導き、ゲームをほとんど相互関係のないものとしてしまっています。《大あわての捜索/Frantic Search》はその強力さとスピードにより複数のコンボデッキの中に登場しているため、禁止せざるを得なくなりました。

2003-2004 汎用トーナメント・ルールとフロア・ルール

 DCI 汎用トーナメント・ルール、ペナルティ・ガイドライン、各ゲームのフロア・ルールの年次更新は、すでにウェブ上で発表されています(訳注:まだ英語版のみです。近々日本語版も公開されるものと思われます)。

2003-2004 DCI トーナメント・シーズン

 新しいシーズンから、DCI はトーナメント・シーズンの開始と終了時期をずらすための作業を行います。2003-2004 シーズンは 9 月 1 日に開始されますが、これは13 ヵ月間行われ、2004 年 10 月 1 日から新シーズンとなります。その翌シーズンは 2005 シーズンとなるわけですが、これは 2005 年 12 月 31 日に終了します。シーズン時期の変更はこれで完了となります。その後のシーズンは 12 ヶ月間の長さとなり、暦上の年とシーズンの年が一致することとなります。

 このシーズンの開始終了時期の変更は、すべてのルールや方針の更新時期にも影響してきます。また、マジック:ザ・ギャザリングのプロツアーや世界選手権といったゲーム関連イベントも調整されます。その結果、2003-2004 シーズンでは、プロツアーはこれまでの 5 回ではなく 6 回開催されます。そして 2003-2004 シーズンは、9 月の世界選手権で終了することになります。以下は 2003-2004 シーズンのプロツアーの開催一覧です。

 チーム・リミテッドのプロツアーが 9 月から 7 月に移動した関係で、プロツアー予選のフォーマットも若干変わります。以下は 2003-2004 年シーズンにおけるプロツアー予選/グランプリのフォーマット一覧です。

 2005 年のシーズンは現在調整中ですが、同様に(2004 年 11 月の 1 回を含む)6 回のプロツアーが開催され、その後 2005 年 11 月に世界選手権が開催される予定です。その後のプロツアーは年5回に戻され、世界選手権が 11 月に開催されることとなるでしょう。

 プロポイントによる個人戦のプロツアーへの招待は、今後も大規模イベント 6 回分の合計で計算されます。したがって、この計算で例外規定が入ることはありません。年間最優秀プロプレイヤー(Pro Player of the Year)および年間最優秀新人(Rookie of the Year)は、シーズン内のすべてのイベントのプロポイントの合計で争われます。つまり、今回の年間最優秀争いでは、プロツアー 1 回分とその間のグランプリが計算に含まれることになります。

プロツアー・ニューオリンズにおける追加ラウンド

 プロツアーにおける教義の質を向上するために、DCI は 11 月にルイジアナ州ニューオリンズで行われるプロツアーにおいて実験的な試みを行います。トーナメントのスイスラウンドは金曜と土曜に各 1 ラウンド、合計 2 ラウンド増やされます。その結果、各日の総ラウンド数は 8 ラウンドずつということになります。これは、これまでに発表されているプロツアー・ニューオリンズの内容の変更になります。

 この実験の結果に基づき、DCI は今後のプロツアーにおいてラウンド数を増やすかどうかの決定を行うことになります。

マジック・インビテーショナル

 2002-2003 年のマジック・インビテーショナルのプレイヤー投票は終了しています。昨年のマジック・インビテーショナルは、Magic: The Gathering Onlineのソフトウェアを使ってオンラインで行われました。これは非常に好評でしたので、今年のインビテーショナルもオンラインで行うことになります。ただし、開催時期はこれまでの 2003 年秋から先に送られ、2003-2004 年の晩冬になる予定です。今シーズンのこの変更は、DCI のイベントスケジュールの調整を行いやすくするためのものです。

DCIのシニア・マネージャー

 先日、長い間 DCI のシニア・マネージャーを勤めていましたジェフ・ドネ氏がプロとしての新たな機会を求めて、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社を離れることとなりました。我々 DCI にとって彼が離れることは非常に残念ですが、これまでの彼の実績に心より感謝の意を表したいと思います。

 今後の DCI のリーダーは、イリヤ・ロテッリ氏になります。イリヤはウィザーズ/ハズブロ社のイタリアの組織プレイ部門のリーダーをとして、ここ 3 年間 DCI と作業をともにしていました。イリヤはイタリアでのマジックのプロツアーやプロツアー予選、プレリリース、イタリア都市選手権など様々な計画や立案についての手助けを果たしていました。また彼は、Football Champions やポケモンといった、DCI 関連の幅広い経験を積んできています。

 ドネ氏の離脱は非常に残念ですが、その分ロテッリ氏の今後に期待したいと思います。


Wizards of the Coast
go
Search