ラウンド 12: 藤田 剛史 vs. 今井 亮太

  • Print
Author Image
昨年度王者、藤田 剛史

世の中が刺客、刺客と騒がしいご時勢だが、Top8に残れるギリギリのラインで戦う前年度王者・藤田 剛史の前にも刺客が現れた!

その今井 亮太もやはりギリギリのラインだが、注目のデッキを操っているという。そしてそのデッキには…《深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours》が含まれている。なんという符合だろう。

刺客、では失礼なので挑戦者としよう。ポーカーフェイスの若き挑戦者は、静かな表情をたたえる王者に土をつけることができるのだろうか?

Game 1

ダイスロールで藤田先攻。

注目の今井の立ち上がりは、《アダーカー荒原/Adarkar Wastes》から《陽光尾の鷹/Suntail Hawk》。そしてそれは第2ターンに《深き刻の忍者》に姿を変える。

「忍者!」
と驚く藤田。

しかし、手は冷静に《ヴィダルケンの枷/Vedalken Shackles》を展開。静かに今井を待ち受ける。今井は手札の《マナ漏出/Mana Leak》《無効/Annul》に視線を落とす。

2回殴れた今井だが、《ヴィダルケンの枷》が効いてきて有効な動きができない。その間に藤田は、《嘆きの井戸、未練/Miren, the Moaning Well》と《ヴィダルケンの枷》のコンボをあっさりと成立させてしまった。

藤田は何もしていないのに、ただただ今井の墓地にカードが積みあがっていく。
最初は出したクリーチャーを奪われ、続いては有効なカードを引けぬままクリーチャーをディスカードしていくためだ。

そのうち藤田に《隠れ石/Stalking Stones》が現れ、今井のライフは3点ずつ削り落とされていく。
――絶望的ともいえる状況だ。《深き刻の忍者》に色めきたった観衆も、徐々に熱を失っていく。

だが、今井のポーカーフェイスは崩れない。その状況にありながら、打開の機をじっとうかがっている。

そして今井のライフがついに1になって、今井は《ヴィダルケンの枷》に《残響する真実/Echoing Truth》を放った。これは受け入れる藤田だが、今井のターンに現れたブロッカー《サバンナ・ライオン/Savannah Lions》は《マナ漏出》。これで決まったか。何せ、青単の藤田の手札はフルに7枚あるのである。

しかし、これをなんとかして《マナ漏出》2回で通すと、返す《ヴィダルケンの枷/Vedalken Shackles》には《無効/Annul》。これを《最後の言葉/Last Word》で弾く藤田だが、土地が《隠れ石》含めて7枚しかなかったため、ここで勝負を決めることはできなかった

首の皮1枚残った今井は、ここから驚異の粘りを見せる。
クリーチャー展開の障害となる《ヴィダルケンの枷》を《減衰のマトリックス/Damping Matrix》で封じ込め、《サバンナ・ライオン》と《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》で《隠れ石/Stalking Stones》の相打ちを取る。
藤田が2枚目の《隠れ石》を引き当てれば、《今田家の猟犬、勇丸/Isamaru, Hound of Konda》+《永岩城/Eiganjo Castle》で粘り続ける。

だが、藤田も「ただの1/2」《呪師の弟子/Jushi Apprentice》をプレイし、今井を追い詰める。何しろ、今井のライフはわずか1なのだ。

今井は《急報/Raise the Alarm》で粘りを見せるが、それがカウンターされることが決まった瞬間、さすがの若武者もこれにはあきらめてカードを片付けた。
しかし、そこまでの粘りの姿勢は賞賛されるものなのではないだろうか。

藤田 –1 今井 –0

Game 2

代わって今井先攻の第2ゲーム、その今井が手札を見て少しではあるが沈む。キープを宣言したので手札を見てみると、問題なく第1ターンから動ける手札だが青マナ源がなく、《深き刻の忍者》が展開できないのが少し不満だったようだ。対して藤田はマリガン。

序盤は《サバンナ・ライオン/Savannah Lions》《陽光尾の鷹/Suntail Hawk》と白ウィニーの動き。藤田は第2ターンの《呪師の弟子/Jushi Apprentice》と、こちらもいい動きだ。
しかし、攻める今井は崩れない。第3ターンに《島》を引き当てると、《陽光尾の鷹》から《深き刻の忍者》を。

藤田は切り札《ヴィダルケンの枷/Vedalken Shackles》を出すが、先ほど苦しめられたこれに対し今井は《残響する真実/Echoing Truth》→《マナ漏出/Mana Leak》ときっちり答えを見出す。

苦しい藤田が繰り出す対抗策も、今井はひとつひとつ丁寧に対処していく。
《深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours》が届けてくる豊富な物資を受けて、今井は藤田の牙城を崩しきった。
そこには、驚きもなにもない。

藤田 –1 今井 -1

Game 3

勝負の第3ゲーム、今回は今井がマリガンを宣言。《灯籠の神/Lantern Kami》《サバンナ・ライオン/Savannah Lions》に《深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours》、土地も十分と、きっちり動ける手札を手に入れた。

だが藤田も第2ターン《呪師の弟子/Jushi Apprentice》、今井が《深き刻の忍者》を送りフルタップの第3ターンには《ヴィダルケンの枷/Vedalken Shackles》と、こちらも最高の動きで迎える。

土地が2枚で止まった今井だが、第4ターンに3枚目の土地を引き当てて考える。一度は攻撃を宣言して《深き刻の忍者》を奪わせておいて、ここで《減衰のマトリックス/Damping Matrix》。
だが、藤田はこれにも、少ないマナから《無効/Annul》で応える。

「油断せんよ今回は」
藤田はそうつぶやいた。第1ゲームは結果的に勝ったとはいえ、ミスがあったことが心残りのようだ。

《尖塔のゴーレム/Spire Golem》がダメージを刻み、《呪師の弟子》がカウンターを届ける。静かに着実に、万全の王者の寄りが、挑戦者を追い詰めていく。今井は、土地も伸びない。

挑戦者、今井 亮太

《残響する真実/Echoing Truth》、《減衰のマトリックス/Damping Matrix》から《陽光尾の鷹/Suntail Hawk》。最後の抵抗を見せる今井だったが、藤田はそれを全て丁寧に跳ね返し、静かな勝利を飾った。

藤田 –2 今井 -1

藤田は、今井の強さに喜ぶような表情を見せ、真摯な姿勢で勝ちに向かった。
そして終われば、「勝ったー、とかやらないんですか」という外野の声に、
「そういうことは、負けた人の前ではしちゃいかん」
と静かに、諫めるように言う。

名実ともにディフェンディング・チャンピオン。彼が再びあの舞台に上ることを予感させる熱戦だった。

藤田 剛史 Wins!!

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator