column

Live Coverage of 2005 Grand Prix Osaka

  • Print
Author Image

 開始前から優勝候補と名高かったこの 2 チームが本当に決勝戦で戦う事になった。P.S.2 www.fireballpros.com だ。

PS2の森田 雅彦

 現時点で予選ラウンドを含めて、森と石田は予選ラウンドを全勝で通すと言う勝負強さを見せ付けている。

P.S.2
Player A : 黒田 正城
Player B : 森 勝洋
Player C : 森田 雅彦

www.shop-fireballpros.com
Player A : 石田 格
Player B : 池田 剛
Player C : 岡本 尋

Game 1

 ダイスロールにより森田が先手。3 ターン目に《粗暴な詐欺師/Brutal Deceiver》、4ターンにも《火の咆哮の神/Kami of Fire's Roar》と展開する。対して岡本は《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》を出し、これによってライブラリから有効なカードを探し、《蛾乗りの侍/Mothrider Samurai》、《虚飾の道の神/Kami of the Painted Road》と並べて場を保つ。

 そこへ森田、まず《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》をキャストし、それに連携で《氷河の光線/Glacial Ray》を開示。このプレイで《蛾乗りの侍》は《氷河の光線》の 2 点で打ち落とし、《虚飾の道の神》は《火の咆哮の神》の能力によってブロック不能。おまけに岡本本体に 3 点とお得な効果を引き起こし、このまま攻撃に移って岡本のライフを削る。

 この環境特有のトリックを上手につかった森田の行動に対してリアクションを返せない岡本。

 そのまま森田は、次ターンに続けて《目覚めの悪夢/Waking Nightmare》を打ち、連携で《氷河の光線》を岡本に打って更なるダメージを与えようとするが、これは岡本の《蝋燭の輝き/Candles' Glow》をキャストする事によって、《氷河の光線》のダメージをライフに変換し、おまけに《虚飾の道の神》の能力を起動して《火の咆哮の神》の効果を打ち消す。

 だが、これによって岡本の手札は 0 になり、岡本の場には土地と《師範の占い独楽》と《虚飾の道の神》と非常にさみしい状況へと追い込まれる。

 必死に《師範の占い独楽》を回して新しい策を模索するが、先の未来は土地が 3 枚と、これまた希望が無い。

 まだ手札に《氷河の光線》を残しつつ余力のある森田は、更にクリーチャーを並べて秘儀スペルを打って攻撃にはいると、岡本のライフは 0 を割った。

森田 1 - 0 岡本

Game 2

 先手は岡本に移り、今回も 1 ターン目に《師範の占い独楽》のセットからゲームがスタート。慎重にライブラリをめくってカードに目を通し、森田が並べるクリーチャーへ《手の檻/Cage of Hands》などで対応していくが、この次のアクションが《悪逆な大峨/Villainous Ogre》と、ブロッカーが欲しい岡本にとって、今は苦しい状況なのだろうか。

 対する森田は土地が 3 枚で止まるも、展開を遅らせる事なくクリーチャーを並べ、岡本が引いてくるブロッカーも、即時に《霊魂の奪取/Rend Spirit》や《山伏の炎/Yamabushi's Flame》によって除去を行う。

 後手後手に周らざるをえない岡本だが、その手段すらも森田の除去によって無に帰す。
 岡本が今出来る事は、ブロッカーにならない《悪逆な大峨》で殴り続けるしかなく、これに《不退転の意志/Indomitable Will》を装着して攻撃を開始した。

 だが、この愚直に殴り続けている《悪逆な大峨》は実に 10 点をたたき出し、確実の森田のライフを奪っていた。

さて森田。自身のターンに戻り、《粗暴な詐欺師》の能力起動し、総攻撃。おまけに《溶岩の撃ち込み》をキャストして岡本の残りライフは 2 となり、王手。

 岡本のライフは火力 1 枚で消し飛んでしまうほど乏しい状況なわけで、ここで逆転の目があるとするなら、森田が火力を持っていない、そしてしばらく引かないのを期待した上での《忌まわしい笑い/Hideous Laughter》だ。

 この方法しかない。と、岡本は《悪逆な大峨》で攻撃した後の上記の方法で場を一掃し、自身の《悪逆な大峨》のみ残して場は逆転。岡本はターンを森田に返す。

 そして、ここで即火力が岡本に飛ぶ事はなく、森田は《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》を出してターンエンド。

 ライフこそ無いが、場は完全に岡本有利。早速《罰する者、ゾーズー》に《手の檻》を貼り付け、《悪逆な大峨》で攻撃を開始した。

 岡本の逆転プランを覆すためにも、更なるクリーチャーか火力を引け! と、森田はドローをするが、今となってはデメリットでしかない土地を引くばかりで、状況を改善する事が出来ない。

このまま森田は《悪逆な大峨》に殴りきられて成績はイーブンへ。

森田 1 - 1 岡本

 熱い戦いを繰り広げる二人がサイドボーディングしている間に、他の卓の様子を伺いに行くと、すでに他の 2 つの卓は勝負が決着しており、A 卓では石田、B 卓では森が勝利していた。

この 2 人はなんと今大会の予選ラウンドを通した個人成績が全勝と恐るべき記録を打ちたて、最後に残ったチームメイトの試合の行方を見守っている。

 決勝戦開始前に喫煙所にて森と会話をしている時、

「僕と格さんが勝つから、あとは森田君と尋さんの勝負だね」なんて言っていた事を思い出す。それが現実の物となり、次の試合の結果がチームの勝敗に直結する最後の戦いが始まろうとしている。

Game 3

Shop-fireballpros.comの岡本 尋

 先手は森田に戻り、初動は《野太刀/No-Dachi》設置。そのまま 3 ターン目に《罰する者、ゾーズー》をキャストした。

 岡本にとっては最悪の条件を持つクリーチャーが開幕に展開され、しぶしぶダメージをくらいつつ土地をセット。森田の《罰する者、ゾーズー》へ《手の檻》を貼り付ける。

 では、次。と森田は《鼠の浪人/Nezumi Ronin》を出し、返す岡本は《蛾乗りの侍/Mothrider Samurai》をキャスト。そのまま森田にターンが戻り、《鼠の浪人》に《野太刀》を装備して攻撃を開始し、岡本ノンブロック。

 《罰する者、ゾーズー》の《ミシュラのアンク/Ankh of Mishra》効果の事もあって手痛いダメージを負う事になるが、これを甘んじて食らい、《蛾乗りの侍》で攻撃を加えた後に、ブロッカーとして《灰色肌のずべら/Ashen-Skin Zubera》と《献身的な家来/Devoted Retainer》を設置する岡本。

 ともあれ完全に森田ペースな状況だ。

 ターンは森田に移り、《鼠の浪人》で攻撃を加えれば、岡本は《灰色肌のずべら》でブロックを宣言し、森田はディスカードで《霜投げ/Frostwielder》を捨て、メインステップに戻った所で《火の咆哮の神》を出してターンエンド。

 森田の一手一手が確実に岡本を苦しめる。辛い表情で岡本が 6 枚目の土地をセットし、《引き込み/Pull Under》を使用して《火の咆哮の神》を除去。

 これでもまだまだ自分の優位は変わらない。と、森田はアタック宣言。岡本は《献身的な家来》でチャンプブロックを行って、戦闘が終わったところで、森田は《目覚めの悪夢》をキャストする。

 するとここで岡本が驚きと苦笑い。

 岡本の手には 2 枚のカードがあり、これをゆっくりと墓地へ置くと、その 2 枚はなんと《不退転の意志》と《砂の逆流/Reverse the Sands》。

 これを使用して逆転の策を張っていたわけで、岡本の虎の子が墓地へと行ってしまった。それでも、ここで岡本が負ける事はチームの敗北を意味する以上、決してあきらめる事は許されない。

 ターンを進め、岡本の手順。
 ここでドローしたのは《過酷な詐欺師/Harsh Deceiver》で、とりあえず硬いブロッカーとしてこれを場へ出し、《蛾乗りの侍》で攻撃を加える。

 だが、根本的に《野太刀》と言うカードがどうしようもなく、だた一方的に損なブロックを岡本は繰り返されるに至る。そして、とうとうブロッカーも尽きた所で森田が引いた《溶岩の撃ち込み》をその身に受けると、岡本は投了を宣言。同時に P.S.2 の優勝が確定した。

 おめでとう P.S.2 !

Final Results : P.S.2 2 - 1 wwwshop-fireballpros.com






  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator