column

Live Coverage of 2005 Grand Prix Osaka

  • Print
Author Image

実践する機会が少ないという理由もあって、チームフォーマットにおける戦い方の議論というのは、日本国内ではほとんどなされていない。なんせ国内でのチーム・グランプリは二年半ぶりという次第だ。そんなわけだから、マナバーン第2号で石田 格が披露してくれた

www.shop-fireballplos.com

「チームシールドの基本は二強一弱のデッキを組み、その一弱を担当する『職人』がいかにカードプールの余りモノからデッキを組み、それを使いこなすか」

というアイデアは、実に興味深いものと言って良いだろう。

もちろん、三人が平等にカードを分け合ってデッキを構築するようなスタイルで国際舞台での成功をおさめたチームが存在しないわけではない。というか、贅沢なカードプールで三者三様に強いデッキを組めるなら、それに越したことがないのは当たり前の話。「限られた資産をどう運用するか、という意味での二強一弱のススメ」というのが石田の説いた内容だった。

さあ、果たしてwww.shop-fireballplos.comはどのようなデッキを三つ構築するだろうか? 

カラーコンビネーションの決定作業

これはどのチームも行っていることだが、shop-fireballの面々もまずは与えられたカードプールを整理し、使用に耐えうるカードとそれ以外の紙屑とをわける。

黙々とした分担作業の中、緑色のパイルを整理していた池田が、「あ、これは強そうだね」とまずファーストインプレッションを述べる。たしかに、2枚ずつの《木霊の手の内/Kodama's Reach》、《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》、《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》というマナベースがそこにあり、2マナからジャンプアップした先の4マナも「うん、チンネン(《聖鐘の僧団/Order of the Sacred Bell》)3体に《根走り/Rootrunner》が2体ちゃんといるから、ビートは確実に繋げそう」と、好感触なのだ。

石田はその緑色のカードプールを目にして、「2枚の《泥穿ち/Soilshaper》を活かせるかな?」とぽつり。たしかに赤に4枚の《氷河の光線/Glacial Ray》が出現しているだけに、赤緑なんかのスピリット&秘儀系のビートダウンも構築できそうではある。

しかし、赤い《激憤の本殿/Honden of Infinite Rage》と黒い《夜陰の本殿/Honden of Night's Reach》、それに2枚の《生網の本殿/Honden of Life's Web》に目をとめた池田 剛がこう提案する。

「こいつら(緑の4マナ域のアタッカー5枚)と《杉の力/Strength of Cedars》でのビートダウンに本殿各種をからめたデッキでどうかな」

石田はこれに頷いて、「尋と池田さんの使いやすいデッキをまず二つ作りましょう」と言いながら、緑の束に赤いカードや黒いカードを組み合わせて、その全体的なマナカーブ曲線を視覚的に確認しながら黙々と作業を行う。ちなみに、岡本 尋池田 剛は自分の意見を求められたとき意外では、基本的に石田の指揮棒が奏でるまま、命ぜられるまま、というスタンスであるらしい。

池田「このチームでは価値基準の統一とかすりあわせとか、そういうのは問題にならないね(笑)」

岡本「価値観=格だからね(笑)」

石田は苦笑しながら黒いカードのパイルを手にして、それを白いカードたちと様々に組み合わせ始めた。そして、「ここで一枚のカードを活かすかどうかで、デッキの方向性がまるでかわりますね」と言いながら、一枚のレアカードを指差した。《死者の嘆き、崩老卑/Horobi, Death's Wail》だ。

活かすか殺すか

「このカード、ともかくそれを活用する構成にしないと凡庸なカードになっちゃいますよね。白には3枚の《狐の易者/Kitsune Diviner》、2枚の《狐の癒し手/Kitsune Healer》っていう、これを活かすカードがあるんですけど、逆に、このシステムには目をつぶって3枚の《悪逆な大峨/Villainous Ogre》とかを入れてビートダウンに特化するっていう手も無くは無い。」

彼らの白いカードプールには3枚の《狐の刃遣い/Kitsune Blademaster》がある半面で、《兜蛾/Kabuto Moth》の姿は一枚も無く、インパクトを与えられるクリーチャーとしては《永岩城の君主、今田/Konda, Lord of Eiganjo》だとか《侍の処罰者/Samurai Enforcers》といった選択肢しか用意されていない。とりあえず白黒の最終形を《死者の嘆き、崩老卑/Horobi, Death's Wail》特化型にするかどうかをさておいて、石田たちは青いカードをとりあげる。

デッキに入る青いカードの枚数は10枚。4枚の《浮き夢のずべら/Floating-Dream Zubera》、3体の《空民の鏡守り/Soratami Mirror-Guard》、1枚の《空民の予見者/Soratami Seer》、1枚の《秘教の抑制/Mystic Restraints》。ここで、彼らはここに4枚の《氷河の光線/Glacial Ray》、2枚の《燃えさし拳のずべら/Ember-Fist Zubera》といった赤いカードを加えていった。そう、青赤の「ズベリオン」チックなデッキをここで完成させ、彼らは赤いカードプールから《怒りの狂乱/Blind with Anger》と《激憤の本殿/Honden of Infinite Rage》だけを3cGの本殿デッキに投入し、それ以外の赤いカードのほとんどを青赤に投入することにしたのだ。

こんな具合に色配分の骨格がかたまり、「青赤」を石田が、「3cG」を池田が、「黒白」を岡本が使おう、ということになった。ここから、各自が自分のスタイルにあったカードを取捨選択してデッキの細部を煮詰めていく作業に突入する。

そして、彼らはカードプールを次のようなリストへと昇華させていった。

1st Team Sealed Deck www.shop-fireball.com2
Seat A: Itaru Ishida



彼らはこのデッキを武器にあっさりとバイ(不戦勝)明けの二戦を連勝で飾り、4-0というスコアで第二シールド構築へと向かうことになった。

石田に戦後の感想を聞くと、

「組み方と思惑はあっていたと思います。この青赤デッキが見た目以上に、ビックリするほど強かった。全般的に見て、足りないパーツに関して本当に全然足りてない構成だったから、ひどいクソパックつかまされたかなあ、と思いましたけど、組んでみて・・・戦うことはできる構成になったかな、と思います」

とのことだった。

果たして、石田率いる火の玉軍団の快進撃はどこまで続くだろうか? 彼らの動向はやはり要注目である。

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator