column

Live Coverage of 2005 Grand Prix Osaka

  • Print
Author Image

 これまでのチームグランプリと言えば、普段一緒にマジックをプレイしている近隣の友人などを誘ってチームの作成するのが一般的であったと思う。

 だが最近はインターネットの普及、というか MO (マジックオンライン)のプレイヤー層が大きく広がり、今のトーナメントに参加している方で MO を知らない、やってない方は稀であろうと言うぐらい浸透している。
 
 そして、その MO の中で、普段同じクランに在籍するものや、調整をするプレイヤー同士でチームを組み、リアルのグランプリへ一緒に参加しようとする動きが見られるようになった。

Uhawwwwwwwwwwokwwwwwwwwww、左から安藤、内藤、鹿田

 そんな、普段はインターネットによって連絡を取り合っている彼らが作ったチームが Uhawwwwwwwwwwokwwwwwwwwww(以下ok)。
 鹿田と内藤が大阪在住で、安藤が東京在住。リアルワールドでの距離があるこのチームだが、彼らはネットによって毎日コミュニケーションをとっている者同士である。

 さあ、その対戦相手である kkb 。これはごく一般的な、リアルワールドで交流のある者同士で組まれたチームであり、リーダーである茨城の坂東を筆頭に、甲斐と久保田がメンバーとして参加している。

Uhawwwwwwwwwwokwwwwwwwwww
Player A : 鹿田 暢亮
Player B : 内藤 万馬
Player C : 安藤 怜二

kkb
Player A : 久保田 雄飛
Player B : 甲斐 翼
Player C : 坂東 潤一郎

C 卓、安藤 vs. 坂東

 黒緑の 2 色デッキの対決となった 2 人。

 開幕を緑単色状態で過ごす坂東は、もう一色が入っていないかのような動きで順調にクリーチャーを展開するも、対する安藤が《夜陰の本殿/Honden of Night's Reach》、《生網の本殿/Honden of Life's Web》と4,5 ターン目に連打し、一気に互いの場が固まる。

 坂東の場には一般的に優秀とされる緑のクリーチャー群が並ぶが、安藤の 2 枚の《本殿》によってその意味を無くし、手札も貯めることを許されない状況で坂東が引いてきたのは《沼/Swamp》、続いて《飢えたるもの、卑堕硫/He Who Hungers》。新たな活路を開く。

 安藤側は、なんとか 2 枚の必殺カードを並べるも、現在の所、飛行クリーチャーに対しては全くの無力な状態。《飢えたるもの、卑堕硫》の能力を使用し、安全を確認すると坂東は攻撃を開始。

 そのまま安藤が対抗策を引き当てるまえに、坂東は安藤のライフを 0 とした。

 安藤 0 - 1 坂東

 安藤が一本目を落とした頃、他の試合でもちょうど一本目が同時におわり、A 卓鹿田、B 卓甲斐、C 卓坂東の勝利で kkb 側が一歩リードだ。

B 卓、内藤 vs. 甲斐

 赤黒の内藤と白青タッチ《氷河の光線/Glacial Ray》&《激憤の本殿/Honden of Infinite Rage》の甲斐の対決。

 一本目は、互いに順調に展開し、内藤が《忌まわしい笑い/Hideous Laughter》で場を一掃しようとしたとき、甲斐が自身の《蛾乗りの侍/Mothrider Samurai》を《来世への旅/Otherworldly Journey》で逃がしたことがゲームを左右した。ここで大きくなって帰ってきた《蛾乗りの侍》を内藤が処理できないまま、一本目を甲斐が取る。

 そして二本目では内藤の土地が山 3 枚で止まってしまい、甲斐が良い展開を見せるが、後半に内藤が続けて 2 枚の沼を引き、《燃えさし拳のずべら/Ember-Fist Zubera》 2 体を《貪る憤怒/Devouring Rage》によって生贄にささげての一撃を通し、甲斐のライフを一気に 0 にして二本目をもぎ取った。

内藤 1 - 1 甲斐

kkb、左から久保田、甲斐、坂東

さて、 B 卓の 2 本目が終わったところで他を見ると、鹿田(白青)と久保田(赤黒)の対決は、鹿田の《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》パワーによって一気に押し切り 2 - 0 で ok の一歩リード。

 流れが ok 側に移り、続けて B 卓の試合に目を向ける。

甲斐が3 ターン目に《激憤の本殿》を設置するも、内藤がタフネス 2 を超えるクリーチャーをどんどん展開して《激憤の本殿》をものともしない展開を見せ、返す刀で内藤は《霜投げ/Frostwielder》と《血の信徒/Initiate of Blood》を並べて、甲斐のクリーチャーを封殺。

テンポが内藤のものとなり、動きがちぐはぐになった甲斐のライフをそのまま 0 に。 ok 側の 2 勝で ok 側の勝利が確定。消化試合を残した安藤も勝利を収め、 3 - 0 でok の勝利となった。

Final Results : uhawwwwwwwwwwokwwwwwwwwww 3 - 0 kkb

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator