column

Live Coverage of 2005 Grand Prix Osaka

  • Print
Author Image

 予選ラウンド最終戦。

 予選ラウンド全 10 回戦。こう聞くといつもより少ない感覚はあるが、参加者はここまでに 2 回のシールド構築と 3 回のロチェスタードラフトを行っており、そのうえ個人戦と違ってチームメンバーとの事もあるので、消耗度はいつものグランプリの非ではないだろう。スタッフもぐったりだ。

 そんなさなか、Asayanwww.shop-fireballpros.com との決勝ラウンドのチケットを賭けた戦いがフィーチャーエリアで始まろうとしている。

Asayan
Player A : 大澤 拓也
Player B : 小倉 陵
Player C : 高桑 祥広

www.shop-fireballpros.com
Player A : 石田 格
Player B : 池田 剛
Player C : 岡本 尋

B 卓、小倉 vs. 池田

 先手の小倉が《悪忌の雪崩使い/Akki Avalanchers》、《灰色肌のずべら/Ashen-Skin Zubera》、《悪逆な大峨/Villainous Ogre》とマナカーブで展開すると、対する池田も《悪忌の雪崩使い》を出して小倉の物と相打ちするが、そこで池田の手がストップ。

 4 ターン目を全くのノーアクションで過ごす羽目になってしまった池田を尻目に、小倉はどんどんクリーチャーを展開。

 5 ターン目には土地を引き当てた池田が《汚れ/Befoul》や《食い込む疫病/Swallowing Plague》などで、小倉の後続などを片っ端からつぶしていくが、その間に放置せざるをえないクリーチャー達に殴り続けられて残りライフは風前の灯火の池田。

 結局 4 ターン目の差が埋まらず、池田が最後に《困窮/Distress》を打ち、小倉の手札 2 枚に《降る星、流星/Ryusei, the Falling Star》と《引き込み/Pull Under》があるのを確認したら投了を宣言。(小倉 1 - 0 池田)

B 卓が二本目にはいる頃、C 卓で白青タッチ赤の高桑と、白青のレア満載デッキである岡本の一本目が決着。岡本の《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》の前に、高桑がどうしようもないと殴りきられていた。(高桑 0 - 1 岡本)

C 卓、高桑 vs. 岡本

 「デッキパワーの差をまざまざと見せ付けられた」と高桑。

 高桑のデッキも悪くない仕上がりのデッキであるのだが、岡本のデッキは一線を画した強さを誇る。先ほど紹介した《明けの星、陽星》に加え、《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》や、 2 枚の《兜蛾/Kabuto Moth》など、まだまだ岡本はデッキの力をそれほど発揮せず、一本目を取っている。

 そんなさなか、A 卓 B 卓共に決着がつき、 A 卓は黒緑の石田の勝利(大澤 0 - 2 石田)、B 卓は小倉が一本目の勢いを残しつつ二本目も勝利し、決勝ラウンドへのチケットがかかった試合は C 卓の彼らに委ねられる事となった。

 既に一本目をとられ、二本目にも不安がある高桑だが、善戦するも、気がつけば岡本のペース。

 岡本が決定打こそ引いていないものの、地上は互いに《川の水神/River Kaijin》で止まり、飛行はかろうじて高桑側が大目であるが、岡本のコントロールする《兜蛾》 1 枚に全てが台無しに。

 決定打が引けないと、意外と攻め手に欠けているような印象を持つ岡本のデッキだが、守りの程は完璧の一言。だが、それを突破しなければいけない高桑に《空民の鏡術士/Soratami Mirror-Mage》が降臨。これの能力を使用し、岡本陣営を鉄壁の物にしていた《兜蛾》を戻しつつ、攻撃を開始。微々たるダメージではあるが、ここからが高桑反撃を開始した。

 岡本も攻撃を始められては困ると《秘教の抑制/Mystic Restraints》などで高桑のクリーチャーを一部無効化するなどの手段を講じる。活路を開いた高桑はその道を閉ざさぬようにと必死にこじ開け、それでも岡本は通さぬと《兜蛾》再配置し、フルタップした所で高桑の目が光る。

 岡本のターンエンド宣言と共に《消耗の渦/Consuming Vortex》を使用して《兜蛾》を戻し、今までと同じく《蛾乗りの侍》のみで高桑がアタック宣言すると、手札から一枚のカードを晒す。《貪る憤怒/Devouring Rage》だ。

 追加コストで《川の水神》や《秘教の抑制》で使い物にならなくなったクリーチャーなどを生贄とし、岡本へ必殺の一撃を叩き込んで、なんとか一本とりかえす事に成功。(高桑 1 - 1 岡本)

 さて、これで全てが決まる運命の三本目。

 高桑が早速《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》を置いてライブラリから有効なカードの捜索を始める。先手をとった岡本は、《古の法の神/Kami of Ancient Law》、《狐の刃遣い/Kitsune Blademaster》と出し、続けて《献身的な家来/Devoted Retainer》と《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》を場へ。一気に押し切ってしまおうと言う作戦で、高桑へ切りかかる。

 残り時間も少なくなり、高桑も一気に攻めれず守りを硬く硬くし、先ほどのように気を伺う。

 などとしているうちに時間終了。タイムアップ。

 ぎりぎりで岡本が高桑を攻め落とせそうであったのだが、戦いのキーとなっていた岡本の《兜蛾》を高桑がバウンスした所で、もう決着はつかないと、互いにターンを進めてゲームが終了。(高桑 引き分け 岡本)

 この引き分けによって Fireball は 1 敗 1 分け、Asayan は 1 敗 2 分けとなり、 Fireball がベスト 4 確定となり、決勝ラウンドへと駒を進めた。

Final Results : Asayan 1 - 2 www.shop-fireballpros.com

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator