column

Live Coverage of 2005 Grand Prix Osaka

  • Print
Author Image

 2 回のシールド構築を行い、 ここまでの6回戦を戦い抜いてきたプレイヤーの中から、初日の最終戦に成績優秀者がフィーチャーされた。ここまで競りあがって来るには、勿論配られたカードの強さも重要であるが、デッキ構築とプレイヤーの技術も大きな要因となってくる。まさに相撲で言うなら千秋楽、堂々の横綱対決とでもいうべきマッチアップが最後の最後に実現したのだった

P.S.2
Player A : 森田 雅彦
Player B : 森 勝洋
Player C : 黒田 正城

www.shop-fireballplos.com
Player A : 岡本 尋
Player B : 池田 剛
Player C : 石田 格

A 卓、森田 vs. 岡本

左から、石田 格、池田 剛、岡本 尋

 先手岡本が 2 ターン目の《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》を経由して 3 ターン目に《聖鐘の僧団/Order of the Sacred Bell》を出せば、森田は《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》から《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》。ライブラリを《師範の占い独楽》で確認した後、ライブラリの一番上独楽を交換すると、そのまま《木霊の手の内/Kodama's Reach》と、一気にマナ環境を整える。

 といっても、岡本が出す 3 ターン目の《聖鐘の僧団》は脅威であり、森田側も揃えたマナを使用して、こちらも《聖鐘の僧団》をキャストし、岡本の《聖鐘の僧団》と相打ちを申し込むが、これは岡本、軽く《不退転の意志/Indomitable Will》で森田の《聖鐘の僧団》を一方的に倒す。

 テンポ良く攻撃を加える岡本に対し、マナしか用意できていないような森田はここからどう盛り返すのかと、返すターンに、溢れるマナを使い、《大蛇の孵卵器/Orochi Hatchery》を X =3 で場へ。

 次のターンから毎回 3 匹の蛇トークンを出せる森田は、白緑のほぼ地上クリーチャーであろう岡本のデッキに対し、すばらしいブロッカーを手に入れる事となる。

 だが、それは次のターンからの話。今回はブロッカーもなくフルタップの状態で、全く岡本の行動に対してなにもアクションを起こすことが出来ない状況。

 岡本のフルアタックをその身にうけた森田のライフは風前の灯火である。

 状況を打開するカードを引きたい岡本だが、今のままでは唯愚直に攻撃を加える事しか出来ず、ただ気を待つのみ。

 と、そこへ岡本が引き当てたのはなんと《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》。

 渇望していた飛行クリーチャーを最高の形で引いた岡本はこれを場に出すと、森田は必死に抵抗の策を考えるが、残り乏しいライフを見つめ、森田は絶えた。(森田 0 - 1 岡本)

 岡本が必死で一本目を逆転している所で、 B 卓の白赤をプレイする森が、緑黒の池田を、森持ち前の勢いで一気に二本奪取して、チームの成績は P.S.2 側優勢となっている。(森 2 - 0 池田)

 C 卓では、赤黒の黒田と赤青の石田が、今一勝一敗のイーブンとなり、三本目へもつれ込む所だった。(黒田 1 - 1 石田)

 そんな周囲の状況を見渡し、A 卓の二本目に視点を戻す。

 先手の森田、《武道家の庭師/Budoka Gardener》経由で《聖鐘の僧団》を 3 ターン目に出し、今回は出だしが悪い岡本に対して攻めこむが、岡本に一撃を加えたところでこれを軽く《手の檻/Cage of Hands》で対処されてしまう。

 岡本は森田の勢いのある行動を止めてみたものの、一本目の森田の動きを見る限り、森田本人としては《武道家の庭師》を《生命の織り手、土塊/Dokai, Weaver of Life》へと昇華させる気でいるようだ。その事を考慮に入れると、岡本としては攻め手を用意したい所ではあるが、如何せんドローがピリッと来ない。

 この状況のままターンは続き、岡本の場には《松族のおとり/Matsu-Tribe Decoy》、《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》、《狐の易者/Kitsune Diviner》と必死に耐える場が敷かれ、森田の場には《武道家の庭師》、《狩猟の神/Kami of the Hunt》、《伝承の語り部/Teller of Tales》、《手の檻》つきの《聖鐘の僧団》を並んでいる。

 そこへ森田が引き当てたのは《空民の鏡術士/Soratami Mirror-Mage》。

 白緑デッキに対して、このクリーチャーのバウンス効果は絶大で、《武道家の庭師》と微妙にシナジーを感じさせる所も、今の場では非常に重要なファクターだろう。

 やっとの事で《清められし者、せし郎/Seshiro the Anointed》を引いた岡本だが、時既に遅しと二本目は森田が制する。(森田 1 - 1 岡本)

 さて、接戦を繰り広げていた C 卓だが、石田が《風見の本殿/Honden of Seeing Winds》と《激憤の本殿/Honden of Infinite Rage》の 2 枚を並べ、ゆっくりと黒田を追い詰めて、 C 卓の勝者は石田となる。よって、この勝負の行方は A 卓の二人にゆだねられた。(黒田 1 - 2 石田)

左から森田 雅彦、森 勝洋、黒田 正城

 残り試合時間が 5 分を切った運命の三本目。

 後手の森田が 2 ターン目に《桜族の長老》を出し、続けて《木霊の手の内》に繋げてマナを一気に揃えて行く。その勢いに乗せて《伝承の語り部》、《苔の神/Moss Kami》まで展開する森田だが、岡本がすでに展開している《狐の易者》によってこれは止まる。

 ただ、黙って守り入っているだけでは勝てないと、岡本は《大蛇の野伏》を出した次のターンに《清められし者、せし郎》を展開し、デッキ底力を見せ付ける。

 《狐の易者》に不自由な思いをさせられている森田だが、そこは青のトリック。《未達の目/Eye of Nowhere》を《狐の易者》に打ち、これを基点に《木霊の力/Kodama's Might》を連繋して《苔の神》を大きく育てると、岡本はこの《苔の神》を《狐の易者》でタップ。そこへ森田は、更に《霧中の到達/Reach Through Mists》を基点に再び《木霊の力》連携で《苔の神》を育てて《伝承の語り部》の能力によってタップされていた《苔の神》をアンタップ。強烈な一撃で岡本のライフをゴソッっと持って行くのだ。

 バウンスで岡本の最終防衛ラインでもあった《狐の易者》を戻されてしまい、再び出しても即能力を起動できるわけでもない。とりあえずは、と岡本は《狐の易者》を再キャストするが、返すターンで森田は総攻撃を加え、《杉の力/Strength of Cedars》で一気に岡本のライフを削りきった。(森田 2 -1 岡本)

Final Results : P.S.2 2 - www.shop-fireballplos.com

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator