column

ラウンド 7: 岡本尋 vs Raphael Levy

  • Print
Author Image

 昨年の世界選手権第九位、最後のアジア選手権覇者と海外でその持ち味を発揮する岡本。昨日も最終ラウンドこそ運の無さに泣かされまくったが、他を全勝の 5-1 と昨年同様に抜群の滑り出し。
 同じく初日 5-1 と好調なのが Raphael Levy、

Game 1

 岡本が《幻影の遊牧の民/Phantom Nomad(JU)》、Raphael が《蛮族ののけ者/Barbarian Outcast(TO)》からゲームが開始。

 岡本のデッキは白黒で、《考え直し/Second Thoughts(OD)》や Chalise を始め嫌らしい白のカードに黒のナイトメア能力を組み合わせた、ちょっと特殊なデッキ。
 対する Raphael は除去満載の基本的な黒赤。ちなみにこの二人はドラフトテーブルで並んで座っており、上が岡本、下が Raphael 。二人が共有する黒では Raphael に有利な席配置である。

 岡本側に《陰謀団の見習い/Cabal Trainee(JU)》、Raphael が《蛮族の恐喝者/Barbarian Bully(JU)》《投鎖獣/Chainflinger(OD)》と並べる。
 
 この投鎖獣が試合の重要な鍵。

 タフネス 1 の生物や、二体の幻影を始め岡本のデッキは全体的にこの手の能力に弱い作り。加えて、攻撃してくれれば除去も可能だが、能動的に使える黒い除去が少ないためだ。

 岡本の手札には 5 マナ域以上のカードが並ぶが、それを唱えるための土地が止まってしまっている。ひょっとすると、まだ昨日の不運が残っているのか。

 その岡本とちょっと土地事故のお付き合いをする Raphael 。が、止まってはいるものの、二体目となる《投鎖獣/Chainflinger(OD)》を召喚し、どんどん打っちゃいますよという構え。

 ようやく 5 マナ目を引き当てた岡本。並んだ投鎖獣を見ながら、一時凌ぎ気味に 《ゾンビの暗殺者/Zombie Assassin(OD)》を召喚し、相手に 4 マナ使いやがれこんちくしょうという構え。あと一枚土地を引ければ、とりあえず片方は《病的な飢え/Morbid Hunger(OD)》で除去できることだし。

 Raphael がこれをピピンと除去するものの、マナを使いきる間に幻影がこつん。
 Raphael 16。

岡本尋
 二体目の幻影を召喚した返し、Raphael が動く。《最後の儀式/Last Rites(OD)》!

 あれ、予定が。

 指定は二枚。あかされてしまう岡本の手札。勿論、《病的な飢え/Morbid Hunger(OD)》は手札から取り除かれる。そりゃそうだ。残されたのは、現状どうでも良い《無視/Pay No Heed(TO)》と、二体の投鎖獣を前に、世を儚みくる《魂の災い魔/Soul Scourge(TO)》

 なんかくれぇぇぇ。って引くのが《尊い癒し手/Hallowed Healer(OD)》、続けて《陰謀団の拷問者/Cabal Torturer(TO)》

 いや。だからさ。
 
 ぴんぴんぴぴん。ぴんぴんぴぴーん。

 岡本 0 - Raphael 1

Game 2

 肝心の二本目。
 二枚の平地と《懲罰/Chastise(JU)》と黒カード群。かなりいやーんな初手を気合でキープする岡本。だったのだが、この秘密は《催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend(TO)》によって秒で露見。勿論黒マナはまだ引いていない。

 とりあえず黒マナ無いみたいだし、ってなことで懲罰を抜く Raphael。

 ちょっと風向きが変わったか。岡本はなんとか返しで沼を引き当て《臓器をすり砕く者/Organ Grinder(TO)》。Raphael は続けて《巣立つインプ/Fledgling Imp(OD)》。

 しょぼん。また土地が止まってしまう岡本。なんとか狂った歯車を修正したいところだが、そうは問屋がなんとやら。

 投鎖獣。

 勿論返しで引くのは《尊い癒し手/Hallowed Healer(OD)》。昨日食った中華に何かが仕込まれていたのだろうか。最後のスペアリブとかが怪しいぞ。

Raphael Levy
 だが、まだまだ。相手の投鎖獣はまだ一体。そして手札で出番を待つのは《亡者の悲鳴/Screams of the Damned(OD)》。これを起動し、二体を除去し懲罰を回収しさえすれば。どうにか。

 だが、この情報は先の悪鬼で Raphael も重々承知。そう簡単に逆転の目を許してくれるわけが無い。手札に生物を貯め、じっくりと。

 やっと四枚目を引いた岡本。《ティーロの信者/Teroh's Faithful(TO)》を出し、《亡者の悲鳴/Screams of the Damned(OD)》でのライフ損失にも備える完璧なブロッカー。となるはずだったのだが。

 《怪奇な混種/Grotesque Hybrid(TO)》がどでーんと。

 後は《不浄/Filth(JU)》を捨てられたり、ようやくマナを揃えて起動してみたら、貯まってた火力を適当に撃たれてみたり。

 ひょっとすると、三つ頼んだチャーハンか。
 大会前の中華にはご注意を。

 岡本 0 - Raphael 2

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator