Gabe Walls vs. 大澤 拓也

ラウンド 8

  • Print
Author Image
The letter G!abe Walls – 2003年アメリカ選手権 準優勝, 同年世界選手権 Top 8, 国別対抗戦 優勝の経歴を持つ。とにかく賑やかな、挙動の大きいプレイヤーである。

大澤 拓也 – 本大会が初のプロツアー参加となる新鋭。最近勢いを増す浅原連合の一員である。

デッキはWallsが《まばゆい光線/Blinding Beam》3枚、《光明の天使/Luminous Angel》2枚、《陽光の潮流/Solar Tide》という驚異的な白単色なのに対し、大澤はやや装備品が少ないながらも標準的な白赤である。
パワーカードにたどり着かれるまでにどこまでWallsを追い詰められるかが焦点となるだろう。

Game 1

Walls先攻。平地を並べる静かな動きのWallsに対し、大澤は《レオニンの古老/Leonin Elder》で一歩先んじる。

第3ターンは《空狩人の若人/Skyhunter Cub》の鏡打ちになるが、先に殴ったWallsの《若人》を大澤がブロックしたところで《畏敬の一撃/Awe Strike》。大澤は一方的に《若人》を失う形になるが、彼はより大きな場面で使われると思っていたらしく、特に問題に感じてはいなかったそうだ。

後続が《ゴブリンの戦闘車/Goblin War Wagon》だけのWallsに対し、《タージ=ナールの剣鍛冶/Taj-Nar Swordsmith》で《ヴァルショクの篭手/Vulshok Gauntlets》を呼び出し戦線を固める大澤。これに動揺したかしないか、《戦闘車》のアンタップを忘れるWalls。冷やかすギャラリーのJordan Barkowitz。賑やかだ。むしろちょっとうるさいかも。

その後、今度は敢えて《戦闘車》を起こさないと言うWalls。土地は《平地/Plains》ばかり6枚、ブロッカーは先程の《若人》1枚。大澤はこの時点で《魂の閃き/Soul Nova》が読めたという。それを承知の上で、大澤は《ヴァルショクの篭手》を《古老》に装備して攻撃を試みるが、Wallsは攻撃宣言のタップを制し「ちょっと待て」。《まばゆい光線/Blinding Beam》を使うのかと思いきや、「やっぱいいや」。大澤は勇躍《古老》、《兵士の模造品/Soldier Replica》、《剣鍛冶》で殴りかかるが、ここでWallsは少考の後《魂の閃き》を《古老》に放つ。

大澤は「《魂の閃き》の対象のクリーチャーが墓地に落ちれば装備品は残る?」とジャッジにルールを確認した後、攻撃前に置いた《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》を《ヴァルショクの篭手》付きの《古老》へ。しかし《古老》のタフネスは3…。折角読みを進めて準備をしてきた意味もなく、3枚のカードを失ってしまった大澤。曰く「恥ずかしいー」。

それでも《古老》2枚の威光は大きく、戦線がガタガタになってもなかなか減らない大澤のライフ。対するWallsは2枚もの《まばゆい光線》で戦線をこじ開けていく。
大澤もクリーチャーを連続で引き頑張るのだが、《真珠の破片/Pearl Shard》で《兵士の模造品》を封じられ、これには《供犠台の光/Altar’s Light》で対処するも、さらに《陽光の潮流/Solar Tide》(パワー2以下を破壊)で1:3交換を取られてしまい、厳しい戦いが続く。

Auriok Transfixer

それでも前を向き続ける大澤は、《急報/Raise the Alarm》をチャンプブロックに使うことを拒否し、あくまで勝利を目指す。1手違いで勝ちの状況まで漕ぎ着けるが、最後は実に3枚目の《まばゆい光線》を見せられて投了。

Walls 1-0 大澤

Game 2

Wallsが《オーリオックの貫通者/Auriok Transfixer》、大澤が《鉛のマイア/Leaden Myr》の立ち上がり。大澤が第3ターンの《ヴァルショクの狂戦士/Vulshok Berserker》で先行するも、これは次ターン《空狩人の若人》と相打ち。

順調にマナを伸ばす大澤は《機械仕掛けのヴォラック/Clockwork Vorrac》と《レオニンの古老》、さらには《ヴァルショクの篭手》をも戦線に加えるが、土地が4枚で止まっているWallsも《ゴブリンの戦闘車》+《ヴァルショクの篭手》を完成させ殴りかかる。《ヴァルショクの篭手》付き《古老》で迎え撃つ大澤だが、またまた《畏敬の一撃》が。クリーチャーのぶつかり合いになる白のミラーマッチなどでは、このスペルは本当に強い。

それでも大澤のクリーチャーは止めど無く続き、《ヴァルショクの篭手》付きクリーチャーで殴っては後続を追加し、それに《ヴァルショクの篭手》を移し変える、という方法で土地を引けないWallsを攻めたてていく。
Wallsも《まばゆい光線》で頑張ってみたりするのだが、《ゴブリンの戦闘車》に《粉砕/Shatter》、さらには《まばゆい光線》と時間を与えなかった大澤がその力を如何なく発揮し、押し切る。

Walls 1-1 大澤

Game 3

再び先攻はWallsへ。大澤は《山/Mountain》2枚+《古老》2枚、《空狩人の巡回兵/Skyhunter Patrol》、《兵士の模造品》、《剃刀の障壁/Razor Barrier》で構成されたオープニングハンドに苦い顔をするが、これをキープする。

しかし《平地》を引けない大澤は、3ターン目に《古老》をディスカードする羽目に。対してWallsは《空狩人の若人》、《ゴブリンの戦闘車》、《ヴァルショクの篭手》とお決まりの戦線を構築し、”How lucky!”と叫ぶBarkowitz。

引いてきた《粉砕》を《ヴァルショクの篭手》に撃ち込むくらいしかできなかった大澤は、結局4枚目の土地すら間に合わなかった。

Walls 2-1 大澤

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator