Feature Match Round 12 平林和哉 vs. 阿部和史

  • Print
Author Image

SBJのライターとして精力的に活動している平林は、《遊牧の民の長ピアナ/Pianna, Nomad Captain》を筆頭とした白の軽量クリーチャーを多く抱え、攻撃的な動きも見せる青白。

対する阿部は、今日ここまで 5 勝負けなしとリミテッド巧者ぶりを見せている。彼のデッキは赤緑であり、さすがにきっちりとパーツは揃っている印象だ。

TOP 8 への門を開く最後の戦い・・・・・・になるはずだったのだが、この両者、上位で引き分けが生じない限り、TOP 8 には滑り込めないそうである。

そのようなわけで 2 人に最終戦という緊張感はあまりなく、会話のはずむ和やかな試合となった。

何はともあれ、日本選手権 2 日目最終戦の模様をお届けしたい。

Game 1

先行の阿部は少々悩むもののスタート。そのまま 1 ターン目に《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》をキャストする。何の不足かと思えるのだが、その内容は平林の《のぞき見/Peek》で明らかに。

山が 4 枚に、《ナントゥーコの鎮め役/Nantuko Calmer》。

これはこれで良いとはいえないのだが、対する平林の方がもっと酷い事故に悩まされることになる。

場の島 3 枚に対して、手札は白の軽量生物ばかり、青いカードは 4 マナ以上・・・・・・。

唯一、キャストできる《かそけき翼/Ghostly Wings》を、《ルートワラ》に使ってターンを稼ぐも、まだ土地を引かず、代わりに《墨吐きセファリッド/Cephalid Inkshrouder》を送り出すのみである

一方の阿部は、《投鎖獣/Chainflinger》、《鋼胴の甲虫/Ironshell Beetle》を追加し攻め立てる。

そんな中、ついに平地を引いた平林だが、時すでに遅し。あまりにもそれまでに《ルートワラ》でライフを失いすぎていたため、場にある《投鎖獣》のクロックはあまりにもきつく、そのまま本体を削りきられてしまった。

「怒ってもいいよね」とは平林の言だが、確かにストレスの溜まる内容だっただろう。

平林 0 – 1 阿部

Game 2

阿部は初手を悩む。《日を浴びるルートワラ》と《野生の雑種犬/Wild Mongrel》があるものの森 1 枚。

 

「お互い事故で一本」というような会話が行いながらスタートした阿部は、1 ターン目、当然ながら《日を浴びるルートワラ》、そして 2 ターン目にきちんと森を引いての《野生の雑種犬》。

・・・・・・さすがの平林もこれにはげんなり。

翌ターンもドルイドを召還し、何とか 3 マナまではこぎつけた阿部にしてみれば実際は綱渡りをしているものの・・・・・・確かにこれでは事故っていると主張はできないか。

しかし、平林も今度はきちんと 2 色を揃え、《秘教の幻想家/Mystic Visionary》、《空翼のエイヴン/Skywing Aven》を展開。さらに《幻想家》に《疑いなき権威/Unquestioned Authority》をエンチャントし、阿部の生物を止めにかかる。

なんとか序盤こそ快調に滑り出した阿部であったが、やはり 1 ランド発進の影響は大きく、以降まったく土地を引かなくなってしまった。2 体目の《ドルイドの収穫者》を召還し、緑マナだけは出る状況だが、いかんせん、山なしで突破できるほど平林の戦線は薄くない・・・・・・。

業を煮やした阿部は、ここで《ケンタウルスの酋長/Centaur Chieftain》を追加し、総攻撃。ただマナがフルタップしている状況でのこれは少々無謀であり、確かにダメージこそ通したものの、阿部のクリーチャーの数は大幅に減り、平林にとっては楽な場になってしまったといえる。

結局、阿部の手札にある、《癇しゃく/Fiery Temper》、《大音響攻撃/Sonic Seizure》が放たれることはなく、最初に言った通り「お互い事故で 1 本ずつ」ということになった。

平林 1 – 1 阿部

Game 3

先攻の阿部は《開放されたドワーフ/Liberated Dwarf》、《ドルイドの収穫者》と展開。平林は《幻影の遊牧の民》でとめにかかる。

続けて阿部は《ナントゥーコの鎮め役》、平林は《秘教の幻想家》を送り込んでいく。

ここで阿部は《ケンタウルスの酋長》で《ナントゥーコの鎮め役》とともに攻撃をしかける。平林はこれを 2 体でブロック。これは《開放されたドワーフ》の能力で一方的に負けることになるが、それも返しがあってこその選択だった。この《寄生牙のカニ/Wormfang Crab》が阿部の速度を完全に殺すことになる。

ここから膠着。

阿部が二体目の《ナントゥーコの鎮め役》、《突っ走るケンタウルス/Crashing Centaur》と追加すれば、平林は《遊牧の民の長ピアナ》、《霧に包むエイヴン/Aven Fogbringer》を送り込む。

ここで《霧に包むエイヴン》によりライフを削られることを嫌った阿部がこれを《癇しゃく/Fiery Temper》。

その返しで平林は《のぞき見》をし、阿部の手札が山のみということを確認すると、安心して《綿密な分析/Deep Analysis》で手札を整えにかかる。これで《霊気の噴出/Aether Burst》、《虹色の断片》などをしっかりとキープしつつ、攻め手を待つ体制に入った。

そして間もなく、待望の《エイヴンの風読み/Aven Windreader》を引き当てる。

この召還で生まれた隙が阿部にとって千載一遇のチャンスとなるのだが、結局スレッショルドを早めるためにドルイドがバンザイアタックを敢行するのみにとどまった。

そして、ここからは平林が「詰む」ための作業になってしまった。

結局最後は、阿部がスレッショルドを頼んで手札をすべて捨て去っての総攻撃を敢行し、平林は順当にブロックを行った後に《虹色の断片》をキャスト。これで勝負あり。

あとは返しに《ピアナ》の指揮下で全軍が突撃するだけだった。

平林 2 – 1 阿部

Final Result : 平林2 – 1 阿部



  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator