column

ラウンド 6: 長岡崇之 vs. 中島主税

  • Print
Author Image

4 - 1 ラインで対峙する 2 人は、なんとこのエクステンデッド環境でも珍しいデッキ対決となる。

長岡が緑 5 色系の《伏魔殿/Pandemonium》&《はじける子嚢/Saproling Burst》デッキで、中島が一世代前の黒コントロールと言った感じである。

異色のマッチアップがここに実現した。

Game 1

長岡
まず、先手の中島が長岡に《強迫/Duress》を撃つと、手札に《伏魔殿》や《アカデミーの学長/Academy Rector》などがある上に、なんだか妙な色の土地。中島は驚きを隠せない様子だった。

かなり悩んだ後に、《破滅的な行為/Pernicious Deed》をここで落とし、ゲームを再開。

そして...長岡のここからの展開が悪く、思ったように土地を引いてこない。

なんとかマナクリーチャーを引くも、大量の除去カードのよってこれを処理され、長岡がやっと 4 マナ溜まって《アカデミーの学長》を場に出した次のターンに、中島が 2 枚の《堕落/Corrupt》を長岡キャストして 1 本目が終了。

長岡 1 - 0 中島

Game 2

先手が長岡に移り、 2 ターン目に《グールの誓い/Oath of Ghouls》、 4 ターン目に《伏魔殿/Pandemonium》と快調の出だしでゲームをするが、《黄塵地帯/Dust Bowl》と沼しか引いてない中島は、長岡の土地を執拗に攻める。

だが、長岡のマナクリーチャーは死んでも《グールの誓い》によってぐるぐる帰ってき、中島の土地が止まったところで長岡の土地が 5 枚並び、《はじける子嚢》をキャストすると、中島は投了を宣言。

長岡 1 - 1 中島

Game 3

中島
先程とほぼ一緒の状況でゲームは続くが、2 ゲーム目と違うのは長岡の《天啓の光/Ray of Revelation》が、中島の《ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arena》を確実に破壊していくことにある。

闘技場が破壊され、思うようにドローの伸びない中島を尻目に、長岡は《再誕のパターン/Pattern of Rebirth》張り、フラッシュバックの《陰謀団式療法/Cabal Therapy》で《賛美されし天使/Exalted Angel》を出し、そのまま押し切ろうとするが、これをも除去され、長岡になす統べは無くなったと思われた次のドロー。

《はじける子嚢》をトップデッキ。

黒にはエンチャント破壊が無いと言うのは周知の事実。
クリーチャーは普通に除去できる黒コンも最後の最後に、この《はじける子嚢》によって最後の一撃を叩き込まれることとなった。

Final Result : 長岡 2 - 1 中島

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator