column

ラウンド 6: 木下淳一 vs. 森田雅彦

  • Print
Author Image

木下:Sligh vs. 森田:UG Opposition

《火花鍛冶/Sparksmith》や《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》が余りにも効き過ぎる《対立/Opposition》デッキが圧倒的に不利と言えるのではないだろうか。

しかし、《花の壁/Wall of Blossoms》や《貿易風ライダー/Tradewind Rider》等の死ににくいクリーチャーが残った状態で《対立》まで繋げられれば面白い戦いになるだろう。

新進気鋭の木下淳一 vs. 日本最高峰の一人"Silver Collecter"森田雅彦、面白い戦いを期待したい。

Game 1

序盤から木下が《モグの狂信者/Mogg Fanatic》《渋面の溶岩使い》《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver》と森田を攻め立てるが、ライフ 10 まで減らした所で森田の場に《対立》が投入された。

《極楽鳥/Birds of Paradise》《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》と次々に焼かれた中で唯一残った《花の壁》と 5 ターン目のドローで引いてきた《対立》で木下の攻撃クリーチャーをタップアウトさせると...《金粉のドレイク/Gilded Drake》で《渋面の溶岩使い》を奪い、それを《貿易風ライダー》で戻すコンボが決まってしまう。ここで一気に有利となった森田。

残りライフこそ 5点 しかないものの、《対立》+《貿易風ライダー》+《金粉のドレイク》と完全にロックパーツが揃った森田はゆっくりと確実に 1 ゲーム目を勝利した。

木下 0 - 1 森田

Game 2

開幕ターンの《ジャッカルの仔/Jackal Pup》からスタートした木下が《火花鍛冶》や《火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu》で森田のブロッカーを皆殺しにしてそのまま圧殺。

まさに圧殺。

木下 1 - 1 森田

Game 3

木下が 1 ターン目《渋面の溶岩使い》。返しで森田が《花の壁》と両者とも対面メタの様な動きを始める。

森田 4 ターン目の場が《花の壁》 × 2 《対立》
木下が《渋面の溶岩使い》《火花鍛冶》 × 2

完全に相手の対抗カードしか引かない両者だったが...やはり木下の《火花鍛冶》が圧倒的なまでの強さを発揮する。

文字通りに片っ端から森田の出てくるクリーチャーを全て焼き切り...残りライフがわずか 1 点となってしまう木下。しかし、今のスライを支える《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver》の圧倒的な攻撃力により、勝負どころでのドローが 2 度続けてランドという不運に見舞われた森田をニ撃で叩き潰したのだった。

Final Result: 木下淳一Win

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator