Round 9

  • Print
Author Image

Round 9 : 山本 明聖(和歌山) vs. 八十岡 翔太(東京)
By Daisuke Kawasaki

山本 明聖

日本開催のプロツアーで、日本人としてポールポジションを死守した山本 明聖(和歌山)。

残念ながら、二日目初戦は敗北してしまったものの、このラウンド9で、ついにアリーナへと招集されることとなった。

対戦相手は、今大会絶好調の八十岡 翔太(東京)。

Game 1

先手の八十岡は、マリガン後に配られた土地が3枚に基本土地サイクリングが2枚+《アラーラの力/Might of Alara》という手札を、首をひねってマリガン。

しかし、ダブルマリガン後の5枚の手札は、土地が3枚に基本土地サイクリング、そして《アラーラの力》。

これも仕方なくマリガンした4枚の手札も、土地が2枚に基本土地サイクリングが1枚というものだったが、最後の1枚がやっとクリーチャーである《ナカティルの狩り群れ/Nacatl Hunt-Pride》。

最初のドローで《天望の騎士/Knight of the Skyward Eye》をドローしたものの、初手の2枚の土地はともに白マナを生み出せない土地であったので、2ターン目に《平地》をサイクリングで探し出して、3ターン目に《天望の騎士》をキャストする。

これが、山本の4ターン目にキャストした《ゴブリンの異国者/Goblin Outlander》でさっそくストップ。

《標のビヒモス/Beacon Behemoth》でなんとか戦線を構築する八十岡だったが、山本は《アンデッドのレオトー/Undead Leotau》《ゴブリンの死の略奪者/Goblin Deathraiders》《不治のオーガ/Incurable Ogre》と次々とクリーチャーを並べ、そして土地を並べる。

その並んだ土地から打ち込まれる《残酷な根本原理/Cruel Ultimatum》が、絶望的なアドバンテージ差を作り上げる。

もっとも、絶望的なアドバンテージ差はゲーム開始時からあったわけだが。

山本 1-0 八十岡

Game 2

八十岡 翔太

先ほどの教訓を活かしてか、今度はマリガン後に、土地が3枚と基本土地サイクリングが2枚に、サイクリングカードである《鋤引きの耕し獣/Yoked Plowbeast》という初手をキープし、2ターン目のサイクリングからゲームをスタートしていく八十岡。

なんとか3ターン目に《サシーリウムの射手/Sacellum Archers》をキャストできた八十岡だったが、山本は《天球儀/Armillary Sphere》によって色マナを揃えて、《セドラクシスの死霊/Sedraxis Specter》をキャストする。

《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》をキャストしつつマナを残し、《セドラクシスの死霊》を《サシーリウムの射手/Sacellum Archers》で打ち落とすと、八十岡は続いて《ナカティルの狩り群れ》をキャストする。

《臓物を引きずる者/Viscera Dragger》をキャストし《屍からの発生/Necrogenesis》で盤面を維持しようとする山本だが、今度は《鼓声狩人/Drumhunter》によって、八十岡がアドバンテージを獲得する側にまわったのだった。

次々と展開される八十岡のクリーチャーたち。ただでさえ数で押されている状況である上に、《ナカティルの狩り群れ》と《サシーリウムの射手》によって不利なブロックを強いられる山本。さらに八十岡は《ナヤの戦闘魔道士/Naya Battlemage》を追加し、完全に盤面を支配する。

とにかく《屍からの発生》で盤面を維持し続け《残酷な根本原理》をドローすることにかけるしかない。

山本は《天球儀》をキャストし、自身のアップキープに起動することで、ライブラリーから《残酷な根本原理》をドローする確率を上げようと考える。《天球儀》によってサーチしてきた2枚の《沼》を八十岡に提示し、ドロー。引いたカードは赤黒青の3色のカード。

しかし、それは同じ色のカードでも《残酷な根本原理》ではなく、《火炎地のオーガ》。これをキャストしてターンを終了するが、《ナヤの戦闘魔道士》でタップされてしまう。

続く八十岡のアタックに対して、山本は《屍からの発生》から2体のトークンを生み出して、ブロックしようとするが、ここで、ギャラリーからのアピールでジャッジが呼ばれる。

そう、山本が2体目のトークンを出すために使用された2マナは、《天球儀》でサーチし、八十岡に提示したまま手札に入れ忘れていた2枚の《沼》によって支払われていたのだ。

これで山本と、公開情報によるミスに気がつかなかった八十岡の両方にワーニングがだされ、ゲームが続行する。

続くターンにも《残酷な根本原理》をひけなかった山本は、土地を片付けた。

山本 1-1 八十岡

Game 3

日本人選手によるアリーナマッチ!

先手の山本はマリガン後に《天球儀》と《残酷な根本原理》のある初手をキープ。

《天球儀》で土地を引き込みつつ《火炎地のオーガ》をキャストするのだが、八十岡は《エイヴンの従者/Aven Squire》《エイヴンの先駆者/Aven Trailblazer》と展開しており、その先制攻撃をなかなか活かしていくことができない。

続いて《ゴブリンの異国者》《さまようゴブリン/Wandering Goblins》もキャストしたことで地上は完全に膠着させることに成功したのだが、とにかく飛行がなんともならない。しかも、土地が初手と《天球儀》で手札に入れた分をのぞくと追加されていない状態が続いてしまう。5枚の土地からは《残酷な根本原理》が遠い。

実は、八十岡も土地が4枚で止まった状態が続いている。

しかし、山本の数少ない飛行クリーチャーである《セドラクシスの死霊》を《確実性の欠落/Lapse of Certainty》でライブラリートップに送らせ、ゲームの進行を遅らせた上で《圧倒する雷/Resounding Thunder》で除去することで、勝ち星を贈らせることとなったのだった。

山本 1-2 八十岡

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator