Round 5

  • Print
Author Image

栗原 伸豪(東京) vs. 森田 雅彦(大阪)

「ハンター」栗原 伸豪
スタンダード4回戦が終わり、金曜日は残すところブースタードラフト3回戦。ここまで3勝1敗と有望な二人の日本人がアリーナで戦う。

両者、アラーラブロックの主要メカニズムのひとつである「賛美」をテーマとしたデッキをドラフトしており、おそらくは数少ないスペルの応酬が決定打となりそうなマッチアップだ。「賛美」は青白緑、断片でいうとバントで構成されている。

Game 1

先攻をとった栗原 伸豪が、1ターン目《グリクシスの幻術師/Grixis Illusionist》、3ターン目に《最前線の賢者/Frontline Sage》と展開。対する森田は3ターン目の《トーパの苦行者/Topan Ascetic》という動き出しを見せた。

「賛美」デッキ同士の対決はかなり先攻有利だ。そんな中で先手栗原が手札に《巨大化/Giant Growth》系呪文を抱えているのに対し、後手の森田が《送還/Unsummon》を持っている。あまりマナのかからない、そして何よりも読みにくいインスタントだけに、どちらか不意をつかれた方が大きく不利になることは間違いない。

お互いがさらにクリーチャーを展開しあい、どちらも飛行で殴りあいを始めた中で、やはり「どっちが先に仕掛けるか」といった緊張感が場を支配した。森田の《送還/Unsummon》を読み切れば先手の栗原 伸豪が勝つだろうといった試合だ。はたして森田の手札にバウンスは、《送還/Unsummon》はあるのか、栗原も悩みに悩む。

結局、栗原はここで「バウンスはない!」と判断したようだ。

ダメージレースで優位にたつために強化呪文を使うことを選択。そして、先に奥の手を見せてしまった栗原に対して、ここで森田の狙いすませた《送還/Unsummon》が突き刺さり、栗原は貴重なコンバットトリックである《アラーラの力/Might of Alara》が無効化され、テンポも失った。

何度もプロツアーでトップ8にも勝ち上がっている栗原だけに、勝負所がどこであるかしっかりとわかっていたのは流石だ。もう少し相手の表情なども見ても良かったかもしれないが、ともあれ、読みあいの敗北がそのままゲームの敗北につながるという試合だった。

森田 1-0 栗原

大阪の強豪、森田 雅彦
Game 2

先攻をとったのは栗原だが、先にクリーチャーを出したのは森田で、2ターン目にマナブーストの《アニマのドルイド/Druid of the Anima》登場。栗原 伸豪は3ターン目に《マトカの暴動者/Matca Rioters》を召喚した。

「賛美」デッキ同士の対戦だけにクリーチャー展開合戦が続き、森田の後続が《ジェスの先導/Outrider of Jhess》で、森田は《エスパーの鵜/Esper Cormorants》。そして、ここからノーガードの殴り合いがはじまった。

テンポよくダメージレースを展開したい森田は、5ターン目に栗原がフルタップでプレイした《モストドン/Mosstodon》を《送還/Unsummon》。ここまで積極的なのは、森田の手札にもう一枚《送還/Unsummon》が控えているから。

そんな森田は、再登場となる《モストドン/Mosstodon》にまたも《送還/Unsummon》をプレイ。アグレッシブだ! 

ただ、試合が終わってから振り返ると、結果的にこの「二発目」の《送還/Unsummon》は微妙なプレイだったのかもしれない。森田は自分の寿命が1ターン縮むことを承知で、対戦相手のライフを削りにいく決断をしたというプレイが「二発目」だった。しかし、「賛美」対決特有の殴り合いの中で、最終的に森田は《モストドン/Mosstodon》に殴り殺されてしまう結末を迎えたからだ。もしも《送還/Unsummon》を自分のライフを守るために使っていたなら・・・おそらく森田はもう一回自分のドローにかけるチャンスがあったはずだからだ。もちろん、これは結果論でもあるが。

森田 1-1 栗原

Game 3

森田 vs. 栗原
「後手はきついなあ」とぼやく栗原 伸豪。たしかに「賛美」デッキ対決は先攻が圧倒的有利なのだが、この場合、森田からツキが逃げていたことの方が影響大だった。森田は先手7枚のハンドをマリガンして、さらに6枚のうち5枚が土地という厳しい内容をキープするという苦しい決断をすることになった。

それでも、森田も3ターン目に《エイヴンの従者/Aven Squire》という「なかなかの」クリーチャーを引き当て、なんとか先に攻勢に出られた。しかし、栗原が大型クリーチャーですぐさま応戦する。4ターン目に《エスパーの鵜/Esper Cormorants》、5ターン目に《モストドン/Mosstodon》。

森田も場に《波掠めのエイヴン/Waveskimmer Aven》を追加して、地味な殴り合いが続く展開となったが、明暗を分けたのはそのドロー内容だった。

流れをつかんだ栗原が決定打となるドローに恵まれた。
《破門/Excommunicate》3連打!! 

森田のクリーチャーをライブラリーに送り返し続けながらアタックを継続し、栗原がダメージレースを完全に制した。最後に決定打となったインスタントは、1ゲーム目では森田の《送還/Unsummon》に無効化されてしまったあのカード、《アラーラの力/Might of Alara》だった。

森田 1-2 栗原

  • Planeswalker Points
  • Facebook Twitter
  • Gatherer: The Magic Card Database
  • Forums: Connect with the Magic Community
  • Magic Locator